LoginSignup
3
3

create-react-appで作成したアプリケーションをviteに移行する

Posted at

create-react-app がどうやらメンテされなくなったようで react-script が邪魔をして TypeScript を5以降にバージョンアップできなくなった。そのため、create-react-app で作成されたアプリケーションを Vite に移行する。

更新すると以下のようなエラーが出る。

$ npm update
npm ERR! code ERESOLVE
npm ERR! ERESOLVE could not resolve
npm ERR!
npm ERR! While resolving: react-scripts@5.0.1
npm ERR! Found: typescript@5.3.2
npm ERR! node_modules/typescript
npm ERR!   typescript@"^5.3.2" from the root project
npm ERR!
npm ERR! Could not resolve dependency:
npm ERR! peerOptional typescript@"^3.2.1 || ^4" from react-scripts@5.0.1
npm ERR! node_modules/react-scripts
npm ERR!   react-scripts@"5.0.1" from the root project
npm ERR!
npm ERR! Conflicting peer dependency: typescript@4.9.5
npm ERR! node_modules/typescript
npm ERR!   peerOptional typescript@"^3.2.1 || ^4" from react-scripts@5.0.1
npm ERR!   node_modules/react-scripts
npm ERR!     react-scripts@"5.0.1" from the root project

Vite はフランス語で"quick"の意味だそうで日本的発音は ヴィート らしい。(実際の発音を聞くと ルフィーツ って聞こえる。)Vue.js を開発した人が開発したらしくとにかく早いらしい。詳しくはこちら

こちらのテンプレートで作成したのがベース。

npx create-react-app my-app --template typescript

まずは Vite をインストールする。

npm install --save-dev vite @vitejs/plugin-react

react-scripts をアンインストールする。

npm uninstall react-scripts

typescript をインストールする。

npm install typescript@5.3.2

更新した package.json は以下の通り。npm script を vite に書き換えておく。

package.json
  "dependencies": {
-    "react-scripts": "5.0.1",
-    "typescript": "^4.9.5",
+    "typescript": "^5.3.2",
   },
   "scripts": {
-    "start": "react-scripts start",
-    "build": "react-scripts build",
+    "start": "vite",
+    "build": "tsc && vite build",
+    "preview": "vite preview",
   },
  "devDependencies": {
+    "@vitejs/plugin-react": "^4.2.0",
+    "vite": "^5.0.4"
   }
 }

これだけだとローカルで起動やビルドが通らないのでファイルも修正する。

プロジェクトのルートに vite.config.ts を作成する。ビルド後のディレクトリ名を react に合わせて 'build' としておく。(デフォルトだと dist)

vite.config.ts
import react from '@vitejs/plugin-react';
import { defineConfig } from 'vite';

// https://vitejs.dev/config/
export default defineConfig({
  plugins: [react()],
  build: {
    outDir: 'build',
  },
});

public/index.html をプロジェクトのルートに移動して修正する。%PUBLIC_URL%は不要なので削除する。

index.html
 <html lang="en">
   <head>
-    <link rel="icon" href="%PUBLIC_URL%/favicon.ico" />
+    <link rel="icon" href="/favicon.ico" />
-    <link rel="apple-touch-icon" href="%PUBLIC_URL%/logo192.png" />
+    <link rel="apple-touch-icon" href="/logo192.png" />
-    <link rel="manifest" href="%PUBLIC_URL%/manifest.json" />
+    <link rel="manifest" href="/manifest.json" />
   <body>
     <div id="root"></div>
+    <script type="module" src="/src/index.tsx"></script>

環境変数が create-react-app の場合はREACT_APP始まりだったけど vite の場合はVITE_始まりに変わる。詳しくはこちら

src/react-app-env.d.ts
-/// <reference types="react-scripts" />
+/// <reference types="vite/client" />

ここまでできればビルドしてプレビューしてみる。preview はビルド後のファイルを参照して表示を確認できるので本番に近い状態の動作確認ができる。

npm run build
npm run preview
3
3
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3
3