Posted at

Python2.7.9とPython3.4.xをpip付きでインストールする。

More than 3 years have passed since last update.

pipのホームページに、Pyhon2.7.9以降とPython3.4以降には、pipが含まれていると書かれていました。

pip included with Python

Python 2.7.9 and later (on the python2 series), and Python 3.4 and later include pip by default [1], so you may have pip already.

Pythonをpip付きでインストールしてみましょう。


まず、開発用のOpenSSLをインストールする。

LinuxではPythonをビルドしてインストールする事になるため、pipが依存しているOpenSSLの開発用パッケージを事前にインストールしておく必要があります。

yum install openssl-devel



途中で確認が表示されたら、「y」を入力してエンターを押します。



インストールが完了すると、元気の良いメッセージが表示されます。

ちなみに、開発用OpenSSLが入ってないと、Pythonのインストールでこんなメッセージが表示されます。当然pipも使えません。

Ignoring ensurepip failure: pip 6.0.8 requires SSL/TLS


Pythinのソースコードをダウンロードする。

Pythonのホームページを開きます。

https://www.python.org/

メニューのDownloadsPython 3.4.3Python2.7.9をそれぞれ選択して、圧縮されたソースコードを任意の場所にダウンロードしてください。

ダウンロードしたら解凍しておいてください。

Python-2.7.9.tar.xz

Python-3.4.3.tar.xz


Python2.7.9をインストールする。

/usr/localにインストールします。

cd Python-2.7.9

./configure --prefix=/usr/local
make
make altinstall



コンパイル中に警告がいくつか表示されますが、致命的なエラーは出ていないように見えます。

しかし、インストール終了後にインストール完了のメッセージが表示されていません。

気になるのでインストール先を見てみると、案の定pipの実行ファイルがありません。



pipの実行を試みても無理。

pip2.7

仕方がないので、pipを手動で追加しましょう。

python2.7 -m ensurepip

このモジュールensurepipは、pipが入ってなかったらインストール。すでにpipが入っていたら何もしないプログラムです。



正常終了して、pipの実行ファイルが作成されました。

インストール中にDownloadingと表示されていますが、公式資料にはこのモジュールはインターネットにはアクセスしない。必要なコンポーネントのすべてはパッケージに含まれている。と主張しています。

ネットからダウンロードしてきたのでは無いようです。

https://docs.python.org/2/library/ensurepip.html

Note:

This module does not access the internet. All of the components needed to bootstrap pip are included as internal parts of the package.

実行もできました。

pip2.7

釈然としない個所はありますが、とりあえず、これでよしとしましょう。


Python3.4.xをインストールする。

これも/usr/localにインストールします。

cd Python-3.4.3

./configure --prefix=/usr/local
make
make altinstall



さすがは現在のメインストリームですね。見る限りエラーや警告はありません。

正常にインストールされたメッセージも表示されてます。

pipの実行ファイルも作成されています。

問題なく実行できました。

pip3.4

これで、Pythonの最新バージョンにはpipが含まれており、Pythonと同時にインストール可能であることが確認できました。

お疲れ様でした。