Edited at

VSCodeでテキスト選択(ctrl+shift+〇)のキーバインド登録方法


概要

自分は環境は macOS High Sierra です。

mac で ctrl+p で上矢印 ctrl+f で右矢印などのショートカットを使用している人は多いのではないでしょうか。

もともとは Emacs のキーバインドらしいのですが、 macOS では基本的にどのアプリでも使用でき大変便利です。

このコマンドに似せてテキスト選択をキーボードだけで、操作したいと思ったので、その方法を書きます。

ちなみに経緯は kobito (Markdownエディタ)ではこのキーバインドが動作したので、自分のメインエディタである VSCode でも使用できるようにしたかったというものです。


VScodeでショートカットを登録

VSCodeのバージョンは 1.28.1 での操作です。

今回の件に限らず VSCode では下記の方法で好きなキーバインドを登録することができます。

メニューバーから

File->Preferences->Keyboard Shortcuts

日本語だと

ファイル->基本設定->キーボードショートカット

キーボードショートカットという画面になりますのでその中から

keybindings.json を開きます。

あるいは コマンドパレット [Command + Shift + P] で keybind などと検索してもこのファイルにだどりつけるかと思います。

keybindings.json に下記をコピペします。



[
{
"key": "ctrl+shift+n",
"command": "cursorDownSelect",
"when": "editorTextFocus"
},
{
"key": "ctrl+shift+p",
"command": "cursorUpSelect",
"when": "editorTextFocus"
},
{
"key": "ctrl+shift+f",
"command": "cursorRightSelect",
"when": "editorTextFocus"
},
{
"key": "ctrl+shift+b",
"command": "cursorLeftSelect",
"when": "editorTextFocus"
},
{
"key": "ctrl+shift+a",
"command": "cursorHomeSelect",
"when": "editorTextFocus"
},
{
"key": "ctrl+shift+e",
"command": "cursorEndSelect",
"when": "editorTextFocus"
}
]

他にも default keybindingsを参考にいろいろ作れそうですね。

以上です。