Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
130
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@taketo1024

Swift で Phantom Type (幽霊型)

社内の「Scala 勉強会」で Phantom Type (幽霊型) という厨二心をくすぐる感じのデザインパターンを教えてもらったので、同じことを Swift でもやってみました。

インスタンスの状態を変数ではなく 型パラメータ として持つことで、状態チェックを実行時ではなく コンパイル時 に行えるというイカしたテクニックです。

class Status{}
class NotReady: Status{}
class Ready: Status{}

class Something<T: Status> {
    static func createInstance() -> Something<NotReady> {
        return Something<NotReady>()
    }

    func readify() -> Something<Ready> {
        return Something<Ready>()
    }
}

extension Something where T: Ready {
    func shout() {
        print("phantom types are awesome!")
    }
}

StatusNotReady, Ready をサブクラスに持つだけの空クラス(これが幽霊型)で、SomethingStatus 型の型パラメータ T を持っています。Something には where T: Ready という 型パラメータ制約付きの拡張 によって、shout() という関数を追加しています。

createInstance()Something<NotReady> インスタンスが作られ、readify() を呼ぶと新たに Something<Ready> インスタンスが作られます。そうして作られた T: Ready のインスタンスに対してのみ shout() を呼ぶコードが書けるのです。

やってみましょう:

let s = Something.createInstance()
s.shout() // error: 'NotReady' is not a subtype of 'Ready'

ちゃんと コンパイルエラー が出ました!
一方で readify() を呼ぶと…

let s = Something.createInstance()
s.readify().shout() // phantom types are awesome!

エラーもなく、ちゃんと実行もできました!

こうすることで コンパイラレベル で間違った状態での処理を防げるので、そのためのテストも作らなくて済むことになります。

Phantom Type カッコイイですね :trollface::thumbsup:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
130
Help us understand the problem. What are the problem?