Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Swift] 数値を画像に変換するライブラリを書いた

More than 3 years have passed since last update.

とてもニッチですが、必要に迫られたので作りました。
https://github.com/taketin/DieCast

使い方

README に書いていますが、Carthage もしくは CocoaPods で入ります。

import DieCast して、以下のようなコードを書くと

if let diecast = DieCast(material: 1234567890) {
    let diecastView = diecast.press()
    view.addSubview(diecastView)
}

スクリーンショット 2016-02-01 23.56.02.png

こんな感じで、数字が画像に変換されます。
今のところ用意している画像はスクショの1種類しかありませんが、以下の様に独自の画像を設定できます。

if let diecast = DieCast(material: 1234567890, type: IntCast.Custom, filenamePrefix: "your_image_prefix_") {
    let diecastView = diecast.press()
    view.addSubview(diecastView)
}

独自の画像を使用する際は、ファイル名を your_image_prefix_[0-9].png みたいにして、0 から 9 までの数字画像を用意して、Asset Catalog で利用してください。

リポジトリに Demo App が入っていますのでそちらもご覧ください。

オプション

  • もと画像サイズへの倍率、または height によるサイズの指定
  • 画像間のマージン

が以下の様に設定できます。

if let diecast = DieCast(material: 1234567890) {
    // 倍率による指定
    diecast.magnification = 0.06

    // 高さによる指定 (magnification が設定されている場合はそちらが優先されます)
    diecast.height = 30.0

    // 画像間のマージン指定
    diecast.margin = 5.0

    let diecastView = diecast.press()
    view.addSubview(diecastView)
}

おわりに

ニーズがあると嬉しいです :smiley:

taketin
最近は iOSアプリケーション をメインに開発しています
https://github.com/taketin
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした