EventTriggerについて

More than 3 years have passed since last update.


イベントとは

ボタンコンポーネントにはOn Clickのイベントがデフォルトで付いている。

このような「◯◯されたら」というのをイベントと呼ぶ。

image

このイベントだが、ButtonオブジェクトにはOn Clickイベントしかなく、何かと不便である。

細部にまでこだわったものを作るとなると事足りない。


EventTrrigerとは

この不便さをなくすために、Unityでは自分でイベントを作ることができる機能が備わっている。

それがイベントトリガーコンポーネントである。

Add ComponetでEvent Triggerを選択。

image


EventTypeの種類とは

イベントタイプ
内容

PointerEnter
カーソルが範囲内に入った時

PointerExit
カーソルが範囲内から出た時

PointerDown
範囲内でボタンを押す(タップ)した時

PointerUp
PointerDown後にボタン(指)を放した時

PointerClick
PointerDown後に自身の範囲内でボタン(指)を放した時

BeginDrag
ドラッグ開始時に発生する

Drag
PointerDown後に押しっぱなしのまま移動している時

EndDrag
ドラッグ終了時に発生する

Drop
他の範囲内でドラッグ状態になったものが範囲内に移動してきた放された時

Scroll
カーソル位置が範囲内にある時にマウスホイール動作があった時

UpdateSelected
それ自体が選択状態の時、毎フレーム発生する

Select
マウス、タッチ操作の時はPointerDownと同様

Deselect
範囲外でPointerDown操作があった時

Move
カーソルが範囲内にある時に方向キーの入力があった時

Submit
選択状態で決定ボタンの入力があった時

Cancel
選択状態でキャンセルボタンの入力があった時


メモ

上記のトリガー発動時に特定のスクリプトを再生させる。などの処理を行うことで細部にまでこだわった演出が可能である。