Help us understand the problem. What is going on with this article?

SVGの扱い方

SVGはScalable Vector Graphicsの略です。

ビットマップ画像(jpegやpngなど)との比較

SVGのメリット

  • 拡大しても画像が荒れない(スマホなど高解像度の表示に強い)
  • 単純な形状のものは容量が小さくなる

SVGのデメリット

  • 写真や手書きのイラストなど色や形状が複雑な画像には不向き

SVGでできること

  • 図形やテキストの表示
  • グラデーション
  • テキストの表示
  • マスク、クリップ
  • フィルター
  • ビットマップ画像の表示

ブラウザで表示されない時の対応

サーバーによってはブラウザー側で.svg、.svgzを画像として認識してくれないので.htaccessに以下を追記します。

.htaccess
 AddType image/svg+xml .svg
 AddType image/svg+xml .svgz

SVGの作成

コードを記述してSVGを作成する

エディタを使用し、コードを記述してSVGを作成します。

ツールを使用してSVGを作成する

Adobe IllustratorAffinity Designerなどのアプリを利用します。
Vecteezy オンラインのエディタを使うことも出来ます。
ZorroSVG 透過のPNGやGIFファイルをアップロードし、透過SVGファイルを生成することも出来ます。

作成時に気を付ける事

  • アイコンなどに使う場合は、「100px × 100px」のように正方形で作成
  • 高さがいっぱいになるように作成
  • テキストデータなどを使っていたり、複雑な形状の場合はアウトライン化する
  • 色を変える場合にはCSSで変更しやすいように一色のオブジェクトにしておく
  • IEではファイル内にwidthとheightを指定する必要がある

軽量化

SVGOMGで軽量化する

SVGOMG

項目 意味
Remove doctype DOCTYPE宣言を削除
Remove XML instructions XML宣言を削除
Remove comments コメントを削除
Remove metadataを削除
Remove xmlns xmlnsを削除
Remove editor data エディタデータを削除
Cleanup attribute whitespace 空白の属性を削除
Inline styles インラインスタイル
Minify styles Styleをminify
Style to attributes Styleを属性にする
Clean IDs IDをクリーンにする
Remove raster images ラスター画像(ビットマップ画像)削除
Remove unused defs 未使用の定義を削除
Round/rewrite numbers 数値を丸める/書き換え
Round/rewrite number lists 数値リストを丸める/書き換え
Minify colours 色をminify
Remove unknowns & defaults 不明なもの、省略可能なものを削除
Remove unneeded group attrs 不要なグループ属性を削除
Remove useless stroke & fill 不要なstrokeとfillを削除
Remove viewBox viewBoxを削除
Remove/tidy enable-background enable-background属性の削除/整理
Remove hidden elements 非表示の要素を削除
Remove empty text 空のテキストを削除
Shapes to (smaller) paths より小さいパスにする
Move attrs to parent group 属性を親グループに移動
Move group attrs to elements 親グループの属性を要素に移動する
Collapse useless groups 未使用のグループを潰す
Round/rewrite paths pathを丸める/書き換え
Round/rewrite transforms transformsを丸める、書き換え
Remove empty attrs 空の属性を削除
Remove empty containers 空のコンテナを削除
Merge paths pathを結合
Remove unused namespaces 未使用のnamespaceを削除
Sort attrs 属性をソートする
Remove titleを削除
Remove descを削除
Prefer viewBox to width/height width,heightよりviewBoxを優先
Remove style elements style要素を削除
Remove script element script要素を削除

手動で軽量化する場合

不要部分を削除する

SVGをエディタで開き、上のSVGOMGのfeaturesの表を参考に、doctype宣言、xml宣言などを削除します。

path化

line, polyline, polygon 要素を使っている場合はpath要素に変換すると軽量化出来ます。

例:polygonとpolylineをpathに変換する方法
points ="d ="Mに変更します。
< polygon>は、最後の点を最初の点に接続するために、d属性の最後の文字としてzを追加します。

svg
<polygon points="1,2 3,-4 5,6"/> 

svg
<path d="M1,2 3,-4 5,6z"/> 

SVGの最小構成

svg
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" viewBox="0 0 400 300">
  ...
</svg>
xmlns

HTMLに埋め込むことだけを考えるとxmlns="http://www.w3.org/2000/svg"も削除できますが、厳密なSVGでは無くなってしまいます。

width,height

IE11でwidth,heightを指定していないSVG画像をbackgroundに指定すると、background-sizeで指定したサイズよりも小さく表示されてしまうので、IE11で使用する場合は追記が必要です。

SVGの使用

SVGは読み込み方によって扱い方を変える必要があります。

表示する

1.外部ファイルとして読み込む

画像要素となるので、SVGタグ内のpathに対してCSS, JavaScriptが効きません。

html
<img src="test.svg">

2.背景画像として読み込む

画像要素となるので、SVGタグ内の要素に対してCSS, JavaScriptが効きません。

thml
<div class="test"></div>
css
.test{
  background-image: url("test.svg");
}

3.インラインに記述

SVGタグ内の要素に対してCSS, JavaScriptが効きます。

html
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" viewBox="0 0 100 100">
  <circle cx="50" cy="50" r="50"/>
</svg>

4.object要素で読み込む

iframeのように別documentになるので、CSS, JavaScriptはそのdocumentに対して適用させる必要があります。

html
<object type="image/svg+xml" data="test.svg"></object>

レスポンシブ対応

1.外部ファイルとして読み込んだ場合

svgタグにwidthとheightを指定していない場合

imgタグで読み込むだけです。

html
 <img src="svg.svg" alt="">
svgタグにwidthとheightを指定している場合

jpegやpngと同様の方法です。

html
<img src="/svg.svg" class="imgResponsive">
css
.imgResponsive{
  width: 100%;
  height: auto;
}

2.背景画像として読み込んだ場合

html
<div class="wrapper">
  <div class="svgBackground">
    <div class="content">
    </div>
  </div>
</div>
css
.wrapper {
  position: relative;
  width: 100%;
  background-color: gray; /* 背景色 */
}

.wrapper:before {
  content: "";
  display: block;
  padding-top: 75%; /* 使いたい背景SVGの縦横比によって調整 */
}

.svgBackground {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  background: url("svg.svg") no-repeat;
  background-size: 100% auto;
}

3.インラインに記述した場合

IEは対応不要な場合

svgタグにwidthとheightを指定しないだけでレスポンシブになります。

IEも対応が必要な場合
html
<div class="svg-wrapper">
  <svg  xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" width="400" height="400" viewBox="0 0 400 400">
    <circle cx="200" cy="200" r="200" fill="#ccc" />
  </svg>
</div>
css
.svg-wrapper {
  position: relative;
  padding-top: 100%; /* SVG高さ / SVG幅 * 100 */
}

.svg-wrapper svg {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
}

4.object要素で読み込んだ場合

objectタグにwidthとheightを指定しなければそのままレスポンシブになります。

html
<object type="image/svg+xml" data="svg.svg"></object>

色変更

1.外部ファイルとして読み込んだ場合

imgタグでの読み込みは色変更できません。

2.背景画像として読み込んだ場合

背景画像なので CSS の fill プロパティや stroke プロパティは適用されません。
色指定変更の例:fill="#000000"を'%23000000'に変更する(16 進数表記の場合)
※全体を「"」で囲っている場合、各属性値を「"」で囲わないで「'」で囲うように変更するのを忘れないようにします。

IE対応が不要な場合
css
.class {
  background-image: url("data:image/svg+xml;utf8,<svg xmlns='http://www.w3.org/2000/svg'><circle cx='100' cy='100' r='100' fill='%233498db'/><circle cx='500' cy='300' r='100' fill='%23f1c40f'/><rect x='100' y='100' width='400' height='200' fill='%23e74c3c'/></svg>"); 
}
IE対応が必要な場合

色指定の先頭の%23を#に戻します。
「data:image/svg+xml;utf8」を「data:image/svg+xml;charset=utf8」に変更します。
<svg>~</svg>の部分をURLエンコードして置換する( https://www.tagindex.com/tool/url.html )

エンコード前

svg
<svg xmlns='http://www.w3.org/2000/svg'><circle cx='100' cy='100' r='100' fill='%233498db'/><circle cx='500' cy='300' r='100' fill='%23f1c40f'/><rect x='100' y='100' width='400' height='200' fill='%23e74c3c'/></svg>

エンコード後

svg
%3csvg%20xmlns%3d%27http%3a%2f%2fwww%2ew3%2eorg%2f2000%2fsvg%27%3e%3ccircle%20cx%3d%27100%27%20cy%3d%27100%27%20r%3d%27100%27%20fill%3d%27%233498db%27%2f%3e%3ccircle%20cx%3d%27500%27%20cy%3d%27300%27%20r%3d%27100%27%20fill%3d%27%23f1c40f%27%2f%3e%3crect%20x%3d%27100%27%20y%3d%27100%27%20width%3d%27400%27%20height%3d%27200%27%20fill%3d%27%23e74c3c%27%2f%3e%3c%2fsvg%3e

最終形

css
.class{
  background-image: url("data:image/svg+xml;charset=utf8,%3csvg%20xmlns%3d%27http%3a%2f%2fwww%2ew3%2eorg%2f2000%2fsvg%27%3e%3ccircle%20cx%3d%27100%27%20cy%3d%27100%27%20r%3d%27100%27%20fill%3d%27%233498db%27%2f%3e%3ccircle%20cx%3d%27500%27%20cy%3d%27300%27%20r%3d%27100%27%20fill%3d%27%23f1c40f%27%2f%3e%3crect%20x%3d%27100%27%20y%3d%27100%27%20width%3d%27400%27%20height%3d%27200%27%20fill%3d%27%23e74c3c%27%2f%3e%3c%2fsvg%3e");
}

3.インラインに記述した場合

CSSで色変更が可能ですが、一部のプロパティがHTMLへの指定と違います。

  • background-colorの代わりにfillを使う
  • borderの代わりにstrokeを使う

インラインSVG内の色の色変更は、要素へのclass追加でも可能です。

4.object要素で読み込んだ場合

JavaScriptで色変更が可能です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away