Help us understand the problem. What is going on with this article?

CodeStarでAPIを公開する

More than 3 years have passed since last update.

AWS CodeStarを用いて簡単にAPIを公開する方法を記載します。
CodeStarを利用すると、1から設定するのは結構大変な以下サービスなどをテンプレートより一気に作成できます。

  • AWS CodeCommit(レポジトリ)
  • AWS CodeBuild(自動ビルド)
  • AWS CodePipeline(継続的デリバリ)
  • AWS CodeDeploy(自動デプロイ)
  • AWS CloudFormation(インフラ構成管理)

前提

  • CodeCommitの認証セットアップ

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codecommit/latest/userguide/setting-up-ssh-unixes.html

手順

CodeStar選択

2017/8/10時点では、東京リージョンでは利用できないので、CodeStar選択の後、任意のリージョンへ。

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.39.17.png

プロジェクト作成

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.50.29.png

テンプレート選択

AWS Lambdaをチェックして、任意の言語を選択する
※以下はnode+Expressを選択した例

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.55.03.png

プロジェクト名設定

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.55.55.png

IDEの設定

必要ないので、Command line tools選択

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.58.40.png

レポジトリとの接続方法を教えてくれます。
確認の後、Skipします。

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 19.58.53.png

自動ビルド

以上で設定が完了です。
→テンプレートモジュールの自動ビルドが走ります。

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 20.02.08.png

API更新

自動ビルドが完了すると、管理コンソール右上部の「Application Endpoint」をクリックすると、APIのEndpointへ接続できます。
プログラムを修正後、CodeCommitへpushすると、更新バージョンが自動でデプロイされます。
※CodeCommitへは管理コンソール左上部より遷移できます。

スクリーンショット 2017-08-10 時刻 17.03.13.png

スクリーンショット 2017-07-27 時刻 20.22.19.png

注意

AWS 無料利用枠を超えると、APIコール回数(Lambda実行時間)で課金されるので、サービス公開前は念のため、使用量プランで呼び出し回数を制限しておきましょう。

https://aws.amazon.com/jp/lambda/pricing/
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/api-gateway-api-usage-plans.html

bigtreetc
お客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をミッションとして、DXに欠かせない「クラウド」「AI」「デジタルマーケティング」「RPA」をコアテクノロジーとして位置付け、各テクノロジーのプロフェッショナルチームにより専門的なサービスを提供しています。
https://www.bigtreetc.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away