Edited at

MacにPython3をインストールしようとしたら2.7だったのでバージョン変更したよ

More than 1 year has passed since last update.


オライリージャパンの手順にしたがってPythonをダウンロードしてみる

AIを勉強したいと思い、いろいろとイベントを探っていたら、こちらの本は必須とのことだったので、読むことにした。

o'reilly-DeepLerning.jpg

http://amzn.asia/2ZxyGc1


バージョンを確認したら2.7と出た

機械学習ならPythonということで、Pythonをダウンロードすることに。

書籍が推奨するanacondaにて、これまた推奨のPython3をダウンロード。

ベージョンチェックすると…Python2.7と出る。

え?どうして???


Macにはデフォルトで2.7がダウンロードされているらしい

いろいろ調べていたら、MacにはデフォルトでPythonがダウンロードされた状態なんだと。

Macは購入時に余計なソフトとか入っていない点が好きな理由の一つだったけど、実は色々入ってるんだ!と初めて知った。

ちなみに記事を書いている時点では、Python2.7がデフォルトでした。

Python2.7は、2020年までサポート対象らしいですよ。


便利な記事を見つけて無事Python3にバージョン変更できた。

バージョン2.7→3に変更したかったので、いろいろ調べていたら、とっても便利な記事を見つけました。グラフブースの中山さん、ありがとうございます。

参照:http://graphbooth.com/2017/05/31/pythonmac.html


おおまかな流れ

1.念のためバージョンの確認

2.Xcodeをインストール

3.Homebrewをインストール

4.pyenvをインストール

5..bash_profileの編集

6.pyenvでPython3.xをインストール

7.最後に確認


手順


  1. SierraにインストールされているPythonのバージョンを下記コマンドで確認

    python --version

    Pyton2.xで返ってきたら3.xをインストールする準備へ。


  2. Xcodeをインストールしていない場合は、App Storeからダウンロード

    導入が終わったらCommand Line Toolsもインストールしておきます。

    xcode-select --install


  3. つぎにHomebrewをインストール

    Homebrewはソフトやライブラリを簡単にインストール&アンインストールできるmacOS用パッケージマネージャーです。とても便利なのでいれておきます。ターミナルに下記コマンドをコピペ+enterでインストールが開始されます。

    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

    終わったら正常にインストールされているか確かめます。

    brew -v

    バージョンが返ってくればOK。


導入エラーチェックをするときは

brew doctor


  1. pyenvをインストール

    pyenvはPython環境を管理できるツールです。これをいれておくと複数のバージョンのPythonのインストールや切り替えが簡単にできます。

    brew install pyenv


  2. .bash_profileの編集

    「.bash_profile」はbashシェル実行時に読まれる環境設定ファイルです。これを編集しておかないと、Python3.xを入れても動いてくれません。

    .bash_profileがあるか確認します。

    ls -la

    あれば問題無し。

    なかったら下記コマンドで作っておきます。

    touch .bash_profile

    viで編集。

    vi .bash_profile

    下記のコマンドを書き込んで保存します。

    export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

    編集した内容を反映させます。

    source .bash_profile

    編集したpathが通っているかを確認。

    echo $PATH

    pathが通っていればOKです。


  3. pyenvでPython3.xをインストール

    インストール可能なPythonのバージョンを見ます。

    pyenv install -l

    例えば、バージョン3.5.1を入れたい場合は

    pyenv install 3.5.1

    インスートールが終了したらPython3.5.1を実際に使える状態にします。

    pyenv global 3.5.1


  4. 最後に確認

    正常にインストールできたかを確かめます。

    python -V

    指定してインストールしたpythonのバージョンが返ってくればOK。




僕はここでひっかかった

上述の3


例えば、バージョン3.5.1を入れたい場合は

pyenv install 3.5.1


このコマンドを入れた後に、

continue with installation? (y/N)

と、説明が出ているので、見逃していた。

y + Enter

でインストールが始まった。よかった。

やっとPythonを使って実践に入れます。長かった。

そして、憧れのQiita初投稿。地元名古屋の雄A-Team傘下になったのもQiitaを使おうと思っている理由の一つ。