Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac mini でパッケージ管理(Homebrew 導入)

1. はじめに

私たけるは、元々Linux使いであり、Macでも同じようにパッケージ管理ができないかを探ってきました。MacPortsと比較してこちらの方が使い勝手が良さそうなので、長年Homebrewを使用しております。

また、これまで使用してきたMac mini ServerにはmacOS Serverをインストールしております。しかしながら、macOS MojaveよりmacOS Serverのオープンソースパッケージサービス群が廃止となったことに伴い、自分でパッケージを用意しなければならなくなりました。このサービスのパッケージ管理においても、Homebrewは大きな力を発揮することになるでしょう。

今回購入したMac miniにもこれまで同様Homebrewをインストールしていくことにいたします。

2. 目次

  1. はじめに
  2. 目次
  3. Homebrewとは
  4. Homebrewのインストール  
    4.1. インストール準備  
    4.2. Homebrewのインストール  
    4.3. Homebrew Caskのインストール  
    4.4. mas-cliのインストール  
  5. パッケージマネージャの使用  
    5.1. ヘルプの表示
    5.2. 診断
    5.3. パッケージの検索  
    5.4. パッケージのインストール  
    5.5. インストール済みパッケージの確認  
    5.6. パッケージのアンインストール  
    5.7. アップデートがあるパッケージ一覧  
    5.8. パッケージのアップデート 
    5.9. 同一パッケージのバージョン整理
  6. 環境移行  
    6.1 Brewfileの生成
    6.2 Brewfileからパッケージをインストール
  7. 参考サイト

3. Homebrewとは

「Mac OS Xオペレーティングシステム上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつである」 Wikipediaより

MacPortsと同様の目的と機能を備えつつも、コンパイル時のライブラリは極力システムの物を使おうとするため、リソース消費を最小限に抑えることが可能となります。

使用感はLinuxのDebian系で採用されているaptに近いです。

Max Howellによって開発されました。

4. Homebrewのインストール

4.1. インストール準備

Homebrewはバイナリパッケージのインストールだけを行うのではなく、コンパイルも実施されることが多々あります。それは前述の通り、なるべくシステムのライブラリを使用しようとするためです。その際、Xcodeを利用してコンパイルが実施されますが、App Storeからインストールするととても大きなパッケージになるため、時間も消費する容量も膨大となります。
 そこで、Xcodeのコマンドラインツールのみインストールを実施いたします。

ターミナルを起動し、下記の実行します。

$ xcode-select --install

すると、以下のようなダイアログが立ち上がります。
image.png

ここで、「インストール」を押します。
すると、使用許諾契約内容が表示されます。
image.png

これに同意します。

すると、ソフトウェアのダウンロードが始まります。
image.png

インストールが完了すると以下のようになるので完了ボタンを押します。
image.png

4.2. Homebrewのインストール

ターミナルにて以下のコマンドを実行してください。
インストールが開始されます。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

すると、以下が標準出力に表示されます。

==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew
==> The following new directories will be created:
/usr/local/bin
/usr/local/etc
/usr/local/include
/usr/local/lib
/usr/local/sbin
/usr/local/share
/usr/local/var
/usr/local/opt
/usr/local/share/zsh
/usr/local/share/zsh/site-functions
/usr/local/var/homebrew
/usr/local/var/homebrew/linked
/usr/local/Cellar
/usr/local/Caskroom
/usr/local/Homebrew
/usr/local/Frameworks

Press RETURN to continue or any other key to abort

前半部分はインストールするスクリプトの内容、後半部分はHomeBrew用に作成するディレクトリ一覧ですね。このままEnterキーを押して先に進みます。

==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
Password:

ディレクトリを作成しようとしますが、/userにディレクトリを作成する際に管理者権限(現在ログインしている)ユーザのパスワードを求められるので入力してください。

==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod 755 /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown takerulocal /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /Users/takerulocal/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Users/takerulocal/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown takerulocal /Users/takerulocal/Library/Caches/Homebrew
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Enumerating objects: 125670, done.
Receiving objects:  64% (80429/125670), 24.93 MiB | 2.64 MiB/s     

必要なスクリプトをダウンロードしてくれます。

remote: Enumerating objects: 125670, done.
remote: Total 125670 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 125670
Receiving objects: 100% (125670/125670), 29.80 MiB | 1.91 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (92120/92120), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 * [new branch]      master     -> origin/master
 * [new tag]         0.1        -> 0.1
 * [new tag]         0.2        -> 0.2
 * [new tag]         0.3        -> 0.3
 * [new tag]         0.4        -> 0.4
 * [new tag]         0.5        -> 0.5
 * [new tag]         0.6        -> 0.6
 * [new tag]         0.7        -> 0.7
 * [new tag]         0.7.1      -> 0.7.1
 * [new tag]         0.8        -> 0.8
 * [new tag]         0.8.1      -> 0.8.1
 * [new tag]         0.9        -> 0.9
 * [new tag]         0.9.1      -> 0.9.1
 * [new tag]         0.9.2      -> 0.9.2
 * [new tag]         0.9.3      -> 0.9.3
 * [new tag]         0.9.4      -> 0.9.4
 * [new tag]         0.9.5      -> 0.9.5
 * [new tag]         0.9.8      -> 0.9.8
 * [new tag]         0.9.9      -> 0.9.9
 * [new tag]         1.0.0      -> 1.0.0
 * [new tag]         1.0.1      -> 1.0.1
 * [new tag]         1.0.2      -> 1.0.2
 * [new tag]         1.0.3      -> 1.0.3
 * [new tag]         1.0.4      -> 1.0.4
 * [new tag]         1.0.5      -> 1.0.5
 * [new tag]         1.0.6      -> 1.0.6
 * [new tag]         1.0.7      -> 1.0.7
 * [new tag]         1.0.8      -> 1.0.8
 * [new tag]         1.0.9      -> 1.0.9
 * [new tag]         1.1.0      -> 1.1.0
 * [new tag]         1.1.1      -> 1.1.1
 * [new tag]         1.1.10     -> 1.1.10
 * [new tag]         1.1.11     -> 1.1.11
 * [new tag]         1.1.12     -> 1.1.12
 * [new tag]         1.1.13     -> 1.1.13
 * [new tag]         1.1.2      -> 1.1.2
 * [new tag]         1.1.3      -> 1.1.3
 * [new tag]         1.1.4      -> 1.1.4
 * [new tag]         1.1.5      -> 1.1.5
 * [new tag]         1.1.6      -> 1.1.6
 * [new tag]         1.1.7      -> 1.1.7
 * [new tag]         1.1.8      -> 1.1.8
 * [new tag]         1.1.9      -> 1.1.9
 * [new tag]         1.2.0      -> 1.2.0
 * [new tag]         1.2.1      -> 1.2.1
 * [new tag]         1.2.2      -> 1.2.2
 * [new tag]         1.2.3      -> 1.2.3
 * [new tag]         1.2.4      -> 1.2.4
 * [new tag]         1.2.5      -> 1.2.5
 * [new tag]         1.2.6      -> 1.2.6
 * [new tag]         1.3.0      -> 1.3.0
 * [new tag]         1.3.1      -> 1.3.1
 * [new tag]         1.3.2      -> 1.3.2
 * [new tag]         1.3.3      -> 1.3.3
 * [new tag]         1.3.4      -> 1.3.4
 * [new tag]         1.3.5      -> 1.3.5
 * [new tag]         1.3.6      -> 1.3.6
 * [new tag]         1.3.7      -> 1.3.7
 * [new tag]         1.3.8      -> 1.3.8
 * [new tag]         1.3.9      -> 1.3.9
 * [new tag]         1.4.0      -> 1.4.0
 * [new tag]         1.4.1      -> 1.4.1
 * [new tag]         1.4.2      -> 1.4.2
 * [new tag]         1.4.3      -> 1.4.3
 * [new tag]         1.5.0      -> 1.5.0
 * [new tag]         1.5.1      -> 1.5.1
 * [new tag]         1.5.10     -> 1.5.10
 * [new tag]         1.5.11     -> 1.5.11
 * [new tag]         1.5.12     -> 1.5.12
 * [new tag]         1.5.13     -> 1.5.13
 * [new tag]         1.5.14     -> 1.5.14
 * [new tag]         1.5.2      -> 1.5.2
 * [new tag]         1.5.3      -> 1.5.3
 * [new tag]         1.5.4      -> 1.5.4
 * [new tag]         1.5.5      -> 1.5.5
 * [new tag]         1.5.6      -> 1.5.6
 * [new tag]         1.5.7      -> 1.5.7
 * [new tag]         1.5.8      -> 1.5.8
 * [new tag]         1.5.9      -> 1.5.9
 * [new tag]         1.6.0      -> 1.6.0
 * [new tag]         1.6.1      -> 1.6.1
 * [new tag]         1.6.10     -> 1.6.10
 * [new tag]         1.6.11     -> 1.6.11
 * [new tag]         1.6.12     -> 1.6.12
 * [new tag]         1.6.13     -> 1.6.13
 * [new tag]         1.6.14     -> 1.6.14
 * [new tag]         1.6.15     -> 1.6.15
 * [new tag]         1.6.16     -> 1.6.16
 * [new tag]         1.6.17     -> 1.6.17
 * [new tag]         1.6.2      -> 1.6.2
 * [new tag]         1.6.3      -> 1.6.3
 * [new tag]         1.6.4      -> 1.6.4
 * [new tag]         1.6.5      -> 1.6.5
 * [new tag]         1.6.6      -> 1.6.6
 * [new tag]         1.6.7      -> 1.6.7
 * [new tag]         1.6.8      -> 1.6.8
 * [new tag]         1.6.9      -> 1.6.9
 * [new tag]         1.7.0      -> 1.7.0
 * [new tag]         1.7.1      -> 1.7.1
 * [new tag]         1.7.2      -> 1.7.2
 * [new tag]         1.7.3      -> 1.7.3
 * [new tag]         1.7.4      -> 1.7.4
 * [new tag]         1.7.5      -> 1.7.5
 * [new tag]         1.7.6      -> 1.7.6
 * [new tag]         1.7.7      -> 1.7.7
 * [new tag]         1.8.0      -> 1.8.0
 * [new tag]         1.8.1      -> 1.8.1
 * [new tag]         1.8.2      -> 1.8.2
 * [new tag]         1.8.3      -> 1.8.3
 * [new tag]         1.8.4      -> 1.8.4
 * [new tag]         1.8.5      -> 1.8.5
 * [new tag]         1.8.6      -> 1.8.6
 * [new tag]         1.9.0      -> 1.9.0
 * [new tag]         1.9.1      -> 1.9.1
 * [new tag]         1.9.2      -> 1.9.2
 * [new tag]         1.9.3      -> 1.9.3
 * [new tag]         2.0.0      -> 2.0.0
 * [new tag]         2.0.1      -> 2.0.1
 * [new tag]         2.0.2      -> 2.0.2
 * [new tag]         2.0.3      -> 2.0.3
 * [new tag]         2.0.4      -> 2.0.4
 * [new tag]         2.0.5      -> 2.0.5
 * [new tag]         2.0.6      -> 2.0.6
 * [new tag]         2.1.0      -> 2.1.0
 * [new tag]         2.1.1      -> 2.1.1
 * [new tag]         2.1.10     -> 2.1.10
 * [new tag]         2.1.11     -> 2.1.11
 * [new tag]         2.1.2      -> 2.1.2
 * [new tag]         2.1.3      -> 2.1.3
 * [new tag]         2.1.4      -> 2.1.4
 * [new tag]         2.1.5      -> 2.1.5
 * [new tag]         2.1.6      -> 2.1.6
 * [new tag]         2.1.7      -> 2.1.7
 * [new tag]         2.1.8      -> 2.1.8
 * [new tag]         2.1.9      -> 2.1.9
HEAD is now at 37714b5ce Merge pull request #6400 from lembacon/virtualenv-16.7.4
==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Tapping homebrew/core
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core'...
remote: Enumerating objects: 5044, done.
remote: Counting objects: 100% (5044/5044), done.
remote: Compressing objects: 100% (4842/4842), done.
remote: Total 5044 (delta 49), reused 604 (delta 11), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (5044/5044), 4.03 MiB | 1.26 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (49/49), done.
Tapped 2 commands and 4832 formulae (5,087 files, 12.5MB).
Already up-to-date.
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://docs.brew.sh/Analytics

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation: 
    https:which ruby
/usr/bin/ruby

ここで、前半部分はHomeBrewのGitに置けるバージョンの確認を行なっています。
後半部分で最新版のインストールを実施します。

4.3. Homebrew Caskのインストール

Caskを利用することで、ChromeやFirefoxなどのmasOSのGUIアプリケーションをインストール、管理することができるようになります。
CaskのおかげでHomebrewで管理下におけるアプリケーションの数を格段に増やすことができます。
ChromeやFirefox以外のブラウザであるOpere, BraveなどもCaskを使ってインストールすることができます。

Homebrew Caskは Homebrewに含まれるのでインストール不要です。

4.4. mas-cli のインストール

mas-cliは、macOSでコマンドラインからMac App Storeを操作して、インストール済みアプリの更新管理などをウィンドウを切り替えることなくそのまま実行可能にするツールです。

ターミナルにて以下を実行します。

$ brew install mas

実行すると、以下のように進みます。

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/mas-1.6.3.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/3d/3dd5a50b551a37c164c31375cc8498ba870e29e50086bd5c4c294bc26708a6d2?__gda__=exp=15
######################################################################## 100.0%
==> Pouring mas-1.6.3.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/mas/1.6.3: 40 files, 11.5MB

これでインストールは完了です。

5. パッケージマネージャの使用

では、実際にパッケージマネージャを利用していきましょう。
パッケージマネージャはbrewというコマンドを用いて管理していきます。
コマンドの形態は以下のようになっています。

image.png

5.1. ヘルプの表示

brewのヘルプは以下のコマンドで表示されます。

$ brew help
Example usage:
  brew search [TEXT|/REGEX/]
  brew info [FORMULA...]
  brew install FORMULA...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA...]
  brew uninstall FORMULA...
  brew list [FORMULA...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA

Contributing:
  brew create [URL [--no-fetch]]
  brew edit [FORMULA...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

ここで注意すべきなのが、このhelpで表示されたコマンドは全てではないということです。
例えば、5.9.

5.2. 診断

brewの状態は、OSの更新やxcodeの更新、また無意識のうちにでも悪くなったりすることがあります。このコマンドで自身の診断が行えます。

$ brew doctor

インストール直後の場合は、以下のような表示になります。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

このままMacを使用し続けると、様々な問題が発生したりすることがあり、このコマンドで確認することが可能です。

5.3. パッケージの検索

パッケージの検索を行うことが可能です。
知りたいパッケージ名、サービス名、ライブラリ名を検索キーワードにして関連するfomula名を検索することが可能です。

$ brew search <free keyword>

では、実際に検索してみましょう。
ここでは、フォワードプロキシサービスであるsquidを検索します。

$ brew search squid
==> Formulae
squid

==> Casks
squidman

すると、squidの文字列からヒットしたfomulaがリストアップされました。

次に、ライブラリパッケージであるlibxml2で検索してみましょう。

$ brew search libxml2
==> Formulae
libxml2

ヒットしましたね。

パッケージ名をズバリ検索キーワードにしなくても、一部の文字列だけでも検索することができます。

$ brew search xml
==> Formulae
blahtexml       gxml            libnxml         libxml2         tinyxml2        xml2            xmlsectool      xmltoman
bzr-xmloutput   html-xml-utils  libwbxml        libxmlsec1      xml-coreutils   xmlcatmgr       xmlsh
castxml         latexml         libxml++        pugixml         xml-security-c  xmlformat       xmlstarlet
dbxml           libmxml         libxml++3       tinyxml         xml-tooling-c   xmlrpc-c        xmlto

==> Casks
oxygen-xml-editor                                                 qxmledit

これらのfomula名を用いて、インストールを行っていきます。

5.4. パッケージのインストール

パッケージのインストールは以下のコマンドを実行します。

$ brew install <fomula_name>

では、実際に上記で登場したsquidをインストールしてみましょう。

$ brew install squid
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
go@1.12
==> Updated Formulae
exim                  git-quick-stats       ipmitool              qt                    skopeo                spice-gtk

==> Installing dependencies for squid: openssl
==> Installing squid dependency: openssl
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/openssl-1.0.2s.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/c4/c4a762d719c2be74ac686f1aafabb32f3c5d5ff3a98935c4925a1ddb9c750ee1?__gda__=exp=15
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.2s.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
A CA file has been bootstrapped using certificates from the SystemRoots
keychain. To add additional certificates (e.g. the certificates added in
the System keychain), place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs

and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash

openssl is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries.

If you need to have openssl first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

For compilers to find openssl you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl/lib"
  export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl/include"

==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2s: 1,795 files, 12.0MB
==> Installing squid
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/squid-4.8.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/ac/ac56304ff9094551025952da4883eb7ea48ec4be7eb6cd6baa1033ad5b464587?__gda__=exp=15
######################################################################## 100.0%
==> Pouring squid-4.8.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
To have launchd start squid now and restart at login:
  brew services start squid
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  squid
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/squid/4.8: 2,111 files, 9.6MB
==> Caveats
==> openssl
A CA file has been bootstrapped using certificates from the SystemRoots
keychain. To add additional certificates (e.g. the certificates added in
the System keychain), place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs

and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash

openssl is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries.

If you need to have openssl first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

For compilers to find openssl you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl/lib"
  export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl/include"

==> squid
To have launchd start squid now and restart at login:
  brew services start squid
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  squid

インストールされました。
標準出力された各部分を説明していきます。

Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
go@1.12
==> Updated Formulae
exim                  git-quick-stats       ipmitool              qt                    skopeo                spice-gtk

brewでは、パッケージ操作のコマンドの場合、実行前に brew update が自動的に実行されます。この部分はその実行結果に当たります。

==> Installing dependencies for squid: openssl
==> Installing squid dependency: openssl
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/openssl-1.0.2s.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/c4/c4a762d719c2be74ac686f1aafabb32f3c5d5ff3a98935c4925a1ddb9c750ee1?__gda__=exp=15
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.2s.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
A CA file has been bootstrapped using certificates from the SystemRoots
keychain. To add additional certificates (e.g. the certificates added in
the System keychain), place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs

and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash

openssl is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries.

If you need to have openssl first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

For compilers to find openssl you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl/lib"
  export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl/include"

==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2s: 1,795 files, 12.0MB

squidに対して依存関係にある(squidパッケージをインストールするのに必要な)パッケージのインストールをしています。
ここでは、opensslのインストールが実行されています。

opensslはSSL暗号化のパッケージであり、インストールが成功したのちに、簡単な使用方法などが書かれています。

==> Installing squid
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/squid-4.8.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/ac/ac56304ff9094551025952da4883eb7ea48ec4be7eb6cd6baa1033ad5b464587?__gda__=exp=15
######################################################################## 100.0%
==> Pouring squid-4.8.mojave.bottle.tar.gz
==> Caveats
To have launchd start squid now and restart at login:
  brew services start squid
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  squid
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/squid/4.8: 2,111 files, 9.6MB
==> Caveats
==> openssl
A CA file has been bootstrapped using certificates from the SystemRoots
keychain. To add additional certificates (e.g. the certificates added in
the System keychain), place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs

and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash

openssl is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries.

If you need to have openssl first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

For compilers to find openssl you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl/lib"
  export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl/include"

==> squid
To have launchd start squid now and restart at login:
  brew services start squid
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  squid

そしてsquidのインストールです。
インストール後、squidの簡単な説明の後、必要なopensslの使い方が再度記載されています。

実際にsquidが使えるか、whichコマンドを用いて確認してみましょう。

$ which squid

すると、出力されません。
実は、squidはデフォルトではPATHが通っていない場所、"/usr/local/sbin"に存在します。

では、代わりにnkfをインストールして確認してみましょう。

$ brew install nkf
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 2 taps (homebrew/core and homebrew/cask).
==> Updated Formulae
ant               dialog            enchant           mercurial         mill              signal-cli        zint

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/nkf-2.1.5.mojave.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring nkf-2.1.5.mojave.bottle.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/nkf/2.1.5: 7 files, 365KB


$ which nkf
/usr/local/bin/nkf

現れました。
インストールができていることを確認できました。

5.5. インストール済みパッケージの確認

インストール済みパッケージを確認します。
以下のコマンドを実行します。

$ brew list

実際に実行してみると、以下のように表示されます。

$ brew list
gettext libunistring nkf openssl@1.1 wget
libidn2 mas openssl squid

このように、インストールされているパッケージの一覧が表示されます。

ここで、fomula名を指定して実行した場合、インストールされたファイル一覧が表示されます。

$ brew list squid
/usr/local/Cellar/squid/4.8/.bottle/etc/ (9 files)
/usr/local/Cellar/squid/4.8/bin/purge
/usr/local/Cellar/squid/4.8/bin/squidclient
/usr/local/Cellar/squid/4.8/homebrew.mxcl.squid.plist
/usr/local/Cellar/squid/4.8/libexec/ (35 files)
/usr/local/Cellar/squid/4.8/sbin/squid
/usr/local/Cellar/squid/4.8/share/errors/ (1980 files)
/usr/local/Cellar/squid/4.8/share/icons/ (51 files)
/usr/local/Cellar/squid/4.8/share/man/ (26 files)
/usr/local/Cellar/squid/4.8/share/mib.txt

5.6. パッケージのアンインストール

パッケージをアンインストールするときは、対象fomula名を指定して以下のように実行します。

$ brew uninstall <fomula_name>

実際にwgetを削除してみましょう。

$ brew uninstall wget
Uninstalling /usr/local/Cellar/wget/1.20.3_1... (50 files, 4.0MB)

このようにアンインストールできました。
アンインストールするパッケージのfomula名は"brew list"であらかじめ確認しておきましょう。

5.7. アップデートがあるパッケージ一覧

各パッケージは常に開発が進まれているケースが多く、バージョンアップされるとHomebrewにも反映されます。
もちろんインストールしている各パッケージにも反映することが可能であり、それを適用するタイミングも自由に制御できるようになっています。

Homebrewでは、その全パッケージの更新(バージョン)状況をLocal側で管理しており、以下のコマンドでその情報自体を更新することが可能です。

$ brew update
Already up-to-date.

何もなければ上記のように表示されますが、もしその情報が更新された場合、以下のように表示されます。

$ brew update
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
base91                                                            octant
==> Updated Formulae
ack                       firebase-cli              libbitcoin-network        ooniprobe                 shairport
activemq                  flow                      libbitcoin-node           opa                       shairport-sync
afl-fuzz                  flowgrind                 libbitcoin-protocol       opencolorio               ship
aliyun-cli                fluxctl                   libbitcoin-server         opencv                    siege
amazon-ecs-cli            flyway                    libdap                    opencv@3                  sile
amtk                      folly                     libexosip                 openfortivpn              sip
angular-cli               fossil                    libfreefare               openimageio               sipsak
ansible                   fpp                       libgcrypt                 openrct2                  siril
ansible@1.9               fq                        libheif                   opensc                    skaffold
ansible@2.0               freeradius-server         libjwt                    openssh                   skopeo
apache-geode              freetds                   libmowgli                 openvpn                   slrn
apache-spark              frpc                      libmypaint                operator-sdk              smali
appscale-tools            frps                      libphonenumber            ophcrack                  sngrep
aravis                    frugal                    libpqxx                   orc-tools                 socat
asio                      gambit-scheme             libpulsar                 osc                       sofia-sip
ask-cli                   gammu                     libre                     oscats                    softhsm
astrometry-net            gdal                      librsvg                   osquery                   sonobuoy
atlantis                  gdcm                      libsecret                 paket                     source-highlight
autorest                  geoipupdate               libsignal-protocol-c      pango                     sourcekitten
avro-c                    gerbil-scheme             libslax                   passenger                 sourcery
avro-cpp                  getxbook                  libtins                   pdns                      sphinx
avro-tools                git-crypt                 libtrace                  pdnsrec                   spiped
aws-okta                  gkrellm                   libu2f-server             pev                       sqlcipher
awscli                    glances                   libvirt                   pgroonga                  sqlmap
babel                     glib                      links                     php                       srt
badtouch                  glib-openssl              lmod                      php@7.1                   ssh-audit
bash                      globus-toolkit            logrotate                 php@7.2                   ssh-permit-a38
bat                       glooctl                   logtalk                   picard-tools              ssldump
bcftools                  gloox                     lolcat                    pijul                     starship
bedtools                  gmic                      luvit                     pjproject                 step
benthos                   gnupg-pkcs11-scd          lxc                       pkcs11-helper             stress-ng
boost                     gnuradio                  lynx                      plantuml                  strongswan
boost-bcp                 go                        mackup                    platformio                stunnel
boost-build               gocryptfs                 makensis                  poco                      stuntman
boost-mpi                 godep                     makepkg                   podofo                    swagger-codegen
boost-python              goreleaser                mariadb                   ponyc                     swiftlint
boost-python3             gpac                      mariadb-connector-c       postgresql                sylpheed
breezy                    gradle                    mariadb-connector-odbc    presto                    sync_gateway
bro                       grafana                   mariadb@10.0              profanity                 syncthing
btfs                      groonga                   mariadb@10.1              proj                      tarantool
buku                      gsl                       mariadb@10.2              protobuf                  tarsnap
cadaver                   gsoap                     mariadb@10.3              protobuf@3.6              taskell
caf                       gspell                    maven                     protobuf@3.7              tcl-tk
cfn-lint                  gst-plugins-good          maxwell                   pspg                      tcpdump
cglm                      gtk+3                     md5sha1sum                psqlodbc                  tcpflow
cgrep                     gtmess                    memcached                 pulledpork                tdlib
charm-tools               gwyddion                  mesa                      pulumi                    tectonic
checkstyle                hadolint                  mfterm                    pure-ftpd                 telegraf
cimg                      helmfile                  micronaut                 pwntools                  teleport
citus                     hive                      miller                    pwsafe                    terraform
clamav                    hledger                   minio-mc                  pyenv                     terragrunt
cmake                     htpdate                   miniserve                 pygobject3                tile38
collectd                  hub                       mit-scheme                pypy                      tinc
collector-sidecar         hugo                      mkl-dnn                   pypy3                     tiny-fugue
conan                     hyperfine                 mktorrent                 pyqt                      tomcat-native
consul-template           i2p                       mkvtoolnix                pyside                    trafficserver
convox                    icecast                   molecule                  python@2                  ttyd
cryptol                   ike-scan                  monero                    pyvim                     tunnel
csound                    imapfilter                monetdb                   qca                       u-boot-tools
cubelib                   inlets                    mongoose                  qmmp                      unbound
cucumber-cpp              intercal                  monit                     qpdf                      unrar
davix                     iperf3                    monitoring-plugins        qpid-proton               unshield
dcos-cli                  ipython                   mono                      qscintilla2               uptimed
ddgr                      ircd-hybrid               mpg123                    qsoas                     uwsgi
deno                      ircii                     mupdf                     quickjs                   vala
dieharder                 irssi                     mysql                     rabbitmq-c                valabind
diffoscope                janet                     mysql@5.7                 rdesktop                  varnish
django-completion         jenkins                   nagios-plugins            re2                       verilator
dnsviz                    jfrog-cli-go              nano                      readline                  vgmstream
docfx                     joplin                    ncmpcpp                   rename                    vim
docker                    jose                      nco                       repo                      vips
docker-completion         jpeg-turbo                ncrack                    riff                      visp
docker-machine            juise                     neo4j                     rom-tools                 vtk
doctl                     juju                      neofetch                  root                      vulkan-headers
dovecot                   kore                      neon                      rtags                     wdc
dub                       krb5                      net-snmp                  ruby                      webtorrent-cli
duplicity                 kubectx                   netlify-cli               ruby@2.4                  weechat
dylibbundler              kubeseal                  nginx                     ruby@2.5                  widelands
dynare                    ldapvi                    ngircd                    s-nail                    wine
emacs                     ldid                      nmap                      s2geometry                wireguard-tools
embree                    ldns                      nmh                       s3-backer                 wtf
emscripten                ledger                    node                      sagittarius-scheme        wtfutil
erlang@20                 lftp                      nopoll                    sane-backends             xcodegen
eslint                    lgogdownloader            nordugrid-arc             sblim-sfcc                youtube-dl
etcd                      libarchive                nrpe                      sbt                       zbackup
ethereum                  libbitcoin                nsq                       scamper                   zim
exploitdb                 libbitcoin-blockchain     nss                       sccache                   znc
fauna-shell               libbitcoin-client         ntp                       scdoc                     zsxd
ffsend                    libbitcoin-consensus      nushell                   scrypt
fibjs                     libbitcoin-database       nzbget                    sdhash
findutils                 libbitcoin-explorer       ocrmypdf                  sdl2
==> Deleted Formulae
cclive                    liblacewing               mongodb@3.4               postgres-xc               xar-mackyle
frag_find                 libopkele                 mongodb@3.6               thc-pptp-bruter
freetds@0.91              mongodb                   packetbeat                tlsdate
ftimes                    mongodb@3.0               percona-server-mongodb    tn5250
httest                    mongodb@3.2               pincaster                 voms

各パッケージの最新バージョン情報だけでなく、新しいパッケージの追加や、削除されたパッケージなども情報が更新されます。

5.8. パッケージのアップデート

5.7.ではHomebrewで管理されてる全てのパッケージのバージョン情報を更新する方法をご説明しましたが、こちらではインストールされているパッケージの更新を行います。
この更新は、5.7.の情報を基にパッケージ自体の更新を行うことになります。

$ brew upgrade

現時点では更新はかかりませんでしたが、実際に更新される場合、パッケージは新たにインストールするような表示が現れます。

実際には、古いバージョンも新しいバージョンもMacには残った状態になります。

5.9. 同一パッケージのバージョン整理

5.8でパッケージの更新が行われますが、実は更新前のバージョンが削除されたり上書きされるのではなく以下の操作が行われています。

  1. パッケージ更新確認
  2. 新しいバージョンのパッケージインストール
  3. リンクの切り替えで新しいバージョンに

ということは、更新する度に新しいバージョンが同じようにインストールされることになり、ディスク容量への圧迫は激しいものとなります。

そこで、このコマンドで古いバージョンを整理する必要があります。
コマンドは以下の通りです。

$ brew cleanup

実際に実行してみましょう。

$ brew cleanup
Pruned 0 symbolic links and 4 directories from /usr/local

まだ更新が実施されていないために、整理するバージョンがありませんでした。
これを定期的に実施することで、ディスク容量への圧迫を軽減することが可能です。

注)パッケージによっては、あるバージョンを更新したくない場合もあり、そのバージョンを削除したくない場合があリます。この場合は"brew cleanup"で意図せず削除されてしまう可能性があることにご留意ください。

6. 環境移行

例えばMacを新調するなど、今まで使用しているMacから別のMacに環境を移したいことがあります。
その場合に便利なBrewfileというものがあります。

6.1 Brewfileの生成

新しい環境に引っ越す前に、インストール済みのパッケージリストをBrewfileを生成して書き出します。
コマンドは次の通りです。

$ brew bundle dump

カレントディレクトリ内にBrewfileが生成されます。
実行すると、以下のように表示されます。

$ brew bundle dump
==> Tapping homebrew/bundle
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-bundle'...
remote: Enumerating objects: 90, done.
remote: Counting objects: 100% (90/90), done.
remote: Compressing objects: 100% (80/80), done.
remote: Total 90 (delta 6), reused 29 (delta 4), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (90/90), done.
Tapped 1 command (186 files, 252.0KB).

ファイルの中は以下のようになっています。

$ cat Brewfile
tap "homebrew/bundle"
tap "homebrew/cask"
tap "homebrew/core"
brew "mas"
brew "nkf"
brew "squid"
mas "GarageBand", id: 682658836
mas "iMovie", id: 408981434
mas "Keynote", id: 409183694
mas "Numbers", id: 409203825
mas "Pages", id: 409201541
mas "Server", id: 883878097
mas "XMind", id: 1327661892

brew、cask、masが一括で保存されています。

6.2 Brewfileからパッケージをインストール

新しい環境にBrewfileをコピーし、同じディレクトリ内に移動して以下のコマンドを実行します。

$ brew bundle

7. 参考サイト

  1. MacへのHomebrewのインストールと使用方法 | アールエフェクト
  2. 【簡単】MacにHomebrewをインストールする方法と基本的な使い方|新卒エンジニアの開発日記
  3. Mac OSでのパッケージ管理 - Qiita
  4. Mac App Storeをコマンドラインから操る「mas-cli」 - Eyes, JAPAN Blog
  5. Macのパッケージ管理ツール - brew - Qiita
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away