Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
131
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@takeoverjp

シンボリックリンクの向き先変更(ln -nfs TARGET LINK_NAME)

シンボリックリンクの向き先を変えたいときって結構あるけど、単純にln -s TARGET LINK_NAMEってしたら怒られる("ln: target: File exists")。

そこで泣く泣くrm -f LINK_NAME && ln -s TARGET LINK_NAMEってしてたけど、便利な上書きオプション-fがあった。
あぁわかりやすくて便利、ln -fs TARGET LINK_NAME
(なんで今まであると思わなかったんだろう。。。)

[追記]
TARGETがディレクトリの時は、-nオプションも必要。
ln -fs TARGET LINK_NAMEだけだと、TARGETがディレクトリの時に意図通りにならない。

$ ls -l
TARGET1/
TARGET2/

$ ln -fs TARGET1 LINK_NAME  # 1回目は大丈夫
$ ls -l
LINK_NAME -> TARGET1/
TARGET1/
TARGET2/

$ ln -fs TARGET2 LINK_NAME  # 2回目は...
$ ls -l
LINK_NAME -> TARGET1/       # 向き先が変わっていない
TARGET1/
TARGET2/
$ ls -l LINK_NAME/
TARGET2 -> TARGET2          # なんと循環参照してしまっている 

これは-nオプションで回避できる。このオプションはずばり、LINK_NAMEがディレクトリを指すシンボリックリンクの場合、通常のファイルとして扱うというもの。

(続き)
$ ln -nfs TARGET2 LINK_NAME
$ ls -l
LINK_NAME -> TARGET2/       # ちゃんと向き先が変わっている
TARGET1/
TARGET2/

結論。シンボリックリンクの向き先を変えるときは、ln -nfs TARGET LINK_NAMEがオススメ。

参考 [man ln]

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
131
Help us understand the problem. What are the problem?