Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure OCI Interconnect (相互接続)でつないでみた

セットアップ

オラクルエンジニア通信のブログ記事がおすすめです。日本語です。
補足する点は3つ。

  • Azureではこの場合のルートテーブルを作成する必要はありません。冗長性の観点から静的ルーティングは設定しないでください。
  • Azure上で作成するVMもOracle Linuxを入れておくと便利。iperf3も楽に入ります。
  • Windows 10なら、オプション機能でSSHが使えるので別途クライアント不要。 windows-option.png

環境

  • 1 Gbps
  • Oracle Linux 7.8
    • Azure: Standard D2s v3 (2 vcpu 数、8 GiB メモリ)
    • OCI: VM.Standard.E3.Flex (OCPU数: 1、ネットワーク帯域幅(Gbps): 1、メモリー(GB): 16)

実測

2020年9月20日 (日曜日) 13時-15時台 JST

注意: あくまでも参考値ですので、システムデザイン時には必ずご自身で確認されることをお勧めします。

japaneast (東日本) <-> Japan East (Tokyo)

ping

  • Azure -> OCI

    • ExpressRoute Standard w/o FastPath japaneast-ping-azure-oci.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/o FastPath japaneast-ping-azure-oci-ultra.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/FastPath japaneast-ping-azure-oci-fastpath.PNG
  • OCI -> Azure

    • ExpressRoute Standard w/o FastPath japaneast-ping-oci-azure.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/o FastPath japaneast-ping-oci-azure-ultra.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/FastPath japaneast-ping-oci-azure-fastpath.PNG

iperf3

  • Azure -> OCI

    • ExpressRoute Standard w/o FastPath japaneast-iperf3-azure-oci.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/o FastPath japaneast-iperf3-azure-oci-ultra.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/FastPath japaneast-iperf3-azure-oci-fastpath.PNG
  • OCI -> Azure

    • ExpressRoute Standard w/o FastPath japaneast-iperf3-oci-azure.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/o FastPath japaneast-iperf3-oci-azure-ultra.PNG
    • ExpressRoute Ultra Performance w/FastPath japaneast-iperf3-oci-azure-fastpath.PNG

EastUS (米国東部) <-> US East (Ashburn)

参考のため、他のリージョンでも検証しました。
下記はすべて、ExpressRoute Standard SKU (FastPathがない) 環境です。
東日本リージョンと同じ特性を示しているようです。

ping

  • Azure -> OCI
    us-ping-azure-oci.PNG

  • OCI -> Azure
    us-ping-oci-azure.PNG

iperf3

  • Azure -> OCI
    us-iperf3-azure-oci.PNG

  • OCI -> Azure
    us-iperf3-oci-azure.PNG

考察

  • レイテンシ: ExpressRouteのFastPath設定のみに影響を受ける
  • 帯域幅: ExpressRouteのFastPath設定にほぼ影響を受けない

2020年9月20日現在の考察ですので、今後変わる可能性があります。

削除するときは

こちらの手順に従って回線の削除を行う必要があります。

  1. AzureのExpressRouteの「接続」を削除
  2. OCIのFastConnectを削除
  3. AzureのExpressRouteでプライベートピアリングの削除と"Not Provisioned"のステータスを確認
  4. AzureのExpressRouteを削除

もし回線の削除でトラブルが発生したら、オラクルのFastConnectのトラブルシューティングが参考になるかもしれません。この手順の場合、OCIのポータルでは削除できなくなり、OCI側はCLIで削除 (oci network virtual-circuit delete --virtual-circuit-id <FastConnect>)しなければならないことがあります。Azure側はポータルでの作業で問題ありません。

参考

(2020年9月24日現在、前者は東日本が日本語ページには出ていないですが英語ページにはあります。後者は機械翻訳です。)

takeokams
マイクロソフトのマーケティング部門に所属していますが、ここでの記事は個人的なものです。 投稿内容は公式なサポートを表明するものでもなく、ライセンスを許諾するものでもありませんが、個人的に実施したことを利用の参考となればと思い、個人的に集めた情報を公開するものです。 正確を期すよう最大限の努力はしていますが、最新情報は変わっているかもしれないなど、利用はご自身の責任において行ってください。
microsoft
マイクロソフトのメンバーが最新の技術情報をお届けします。Twitterアカウント(@msdevjp)やYouTubeチャンネル「クラウドデベロッパーちゃんねる」も運用中です。
https://aka.ms/MSFT-Docs-JPN
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away