はじめに

DBFlowというとにかく速い(?)ライブラリを使用したので導入方法、使用方法をまとめます。
内容は随時更新していきます。

なお開発環境は以下のとおりです。

  • AndroidStudio ver2.2.2
  • DBFlow ver2.2.1

DBFlowとは

Raizlabs社が提供しているORM(Object-relational mapping)ライブラリ。
DBFlowはアノテーション(@~)を用いることでテーブルの定義などデータベース周りの処理を簡略化できるライブラリです。

巷では速いことで有名らしいです。

※処理速度についてはRaizlabs社が比較した結果がリンク先にまとめられています。
DBFlow,GreenDAO,OrmLite,Ollie,Realmと比較しており、DBFlowが速いという結果が紹介されています。

DBFlowの導入

導入方法、使用方法ともに公式のドキュメントを参考にしました。
DBFlowを導入するには下記の内容を加筆する必要があります。

  • build.gradle(Project)
    dependencies内に下記の内容を追記する。
build.gradle
dependencies {
    classpath 'com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.7'
}
  • build.gradle(app)
build.gradle(app)
dependencies {
    apt 'com.raizlabs.android:DBFlow-Compiler:2.2.1'
    compile "com.raizlabs.android:DBFlow-Core:2.2.1"
    compile "com.raizlabs.android:DBFlow:2.2.1"
}

DBFlowの使用方法

DBFlowを使用するには新たに2~3つのクラスを用意する必要があります。

  1. (無い場合は新規作成)DBFlowを初期化するクラス(MyAppilcation.java)
  2. データベースを宣言するためのクラス(AppDatabase.java)
  3. テーブルを宣言するためのクラス(User.java)

DBFlowを初期化する

FlowManager.init(this)によって初期化する。

MyApplication.java
public class MyApplication extends Application {

    @Override
    public void onCreate() {
        super.onCreate();
        FlowManager.init(this);
    }
}

新たに作成した場合はAndroidManifest.xmlのapplicationタグに下記の記述を追加する。

AndroidManifest.xml

 <application
        android:name=".MyApplication" />
 </application>

データベースの定義

AppDatabase.java
@Database(name = AppDatabase.NAME, version = AppDatabase.VERSION)
public class AppDatabase {

    public static final String NAME = "AppDatabase";

    public static final int VERSION = 1;

}

テーブルの定義

カラムには@Column、プライマリーキーには@PrimaryKeyをつける必要があります。

User.java
@Table(databaseName = AppDatabase.NAME, tableName = "USER_TABLE")
public class User extends BaseModel { 

    @Column
    @PrimaryKey(autoincrement = true)
    int id;

    @Column(name = "NAME")
    public String name;

    @Column(name = "AGE")
    public int age;

}

※もちろんprivateをつけることもできます。その場合はセッター、ゲッターを忘れずに作成しましょう。

クエリの書き方

  • Insert文
        User user = new User();
        user.name = "takenoki";
        user.age = 20;
        user.insert();
  • Select文
select NAME from USER_TABLE where NAME = "takenoki";

上記のSQL文をDBFlow用に変換すると下記のようになります。

     List<User> list = new Select()
                .from(User.class)
                .where(Condition.column(User$Table.NAME).is(name))
                .queryList();

DBFlowではSQLで用いる句がメソッドとして用意されており、上記のほかにもdistinct(),count()なども使用できます。
今回はnameが一致するデータを取得していますが、仮に名前と年齢がともに一致するデータを取得したい場合は下記のようになります。

     List<User> list = new Select()
                .from(User.class)
                .where(
                    Condition.column(User$Table.NAME).is(name),
                    Condition.column(User$Table.AGE).is(age)
                 )
                .queryList();

クエリの実行結果をListviewにセットして表示するコード

    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container,
                             Bundle savedInstanceState) {
        View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_sample, container, false);

        String name = "takenoki";
        int age = 20;

        ArrayAdapter<String> adapter = new ArrayAdapter<String>(
                act,
                android.R.layout.simple_list_item_1
        );

        List<User> list = new Select()
                .from(User.class)
                .where(Condition.column(User$Table.USER_NAME).is(name))
                .queryList();

        for (int i = 0; i < list.size(); i++) {
            adapter.add(String.valueOf(list.get(i).age));
        }

        listView.setAdapter(adapter);

        return view;
    }

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.