Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git イラスト解説

Gitを始めて学んだ際に、全然理解できなかったので、
イメージしやすいようにだいぶゆるいイラストでまとめました。
Git概要図.jpeg

用語編

リポジトリ

ソースコードや変更履歴などの情報が納められた場所(データベース)のこと。
Gitのリポジトリには、リモートリポジトリとローカルリポジトリの2種類がある。
repository.jpg

リモートリポジトリ

サーバに配置して複数人で共有するためのリポジトリ。
https://github.com/y-take?tab=repositories
remote_repo.png

ローカルリポジトリ

ユーザ一人ひとりが利用するために、自分の手元のマシン上に配置するリポジトリ。
local_repo.png

ディレクトリ

フォルダのことです。(GUIではフォルダ、CUIではディレクトリと呼ぶ。)

ワークツリー

実際に作業をしているディレクトリのこと。

インデックス

リポジトリにコミットする準備をするための場所のこと。
リポジトリ>ディレクトリ(フォルダ)なイメージ。
pic_70.png
http://www.startup-git.com/beginners/git-checkout-reset/

ブランチ

履歴の流れを分岐して記録していくためのもの。
分岐したブランチは他のブランチの影響を受けないため、同じリポジトリ中で複数の変更を同時に進めていくことができる。
branch.jpg
※ブランチの分け方は、プロジェクトによって異なります。

masterブランチ

リリース可能な完全品質を保証するブランチ。

developブランチ

開発の主軸になるブランチ。

操作編

Git概要図.jpeg

大まかな流れといては、
1.クローン または プル
 ~~開発~~
2.アド
3.コミット
4.プッシュ
5.チェックアウト
6.マージ
という感じだと思います。

クローン

$ git clone [クローンしたいリポジトリのあるURL]

リモートリポジトリをローカルリポジトリにコピーすること。
作成されたローカルリポジトリは、コピー元のリモートリポジトリに紐づきます。
リモートリポジトリの内容をまるまるコピーして、別のマシンにローカルリポジトリとして作成できる。

プル

$ git pull

リモートリポジトリからローカルリポジトリを更新すること。
リモートリポジトリから最新の変更履歴をダウンロードしてきて、自分のローカルリポジトリにその内容を取り込む。

新規作成がクローン、更新がプルというイメージです。
clone.jpg

アド

$ git add [ファイル名]

コミットする対象のファイルを選択すること。
ワークツリーからインデックスに変更履歴を登録すること

コミット

$ git commit -m "コメント"

ファイルやディレクトリの追加・変更を、リポジトリに記録すること。

comit.jpg

プッシュ

$ git push

リモートリポジトリにローカルリポジトリの変更履歴をアップロードすること。

push.jpg
01.jpeg)

チェックアウト

$ git checkout [ブランチ名]

ブランチを切り替えること。

マージ

$ git merge [ブランチ名]

ブランチに行った変更を別のブランチに統合すること。

merge.jpg

参考

サルでもわかるGit入門

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away