Help us understand the problem. What is going on with this article?

よく忘れるvimの操作に関して(随時更新予定)

More than 1 year has passed since last update.

概要

これまでLinuxサーバをメインで使ってたこともあり
Vimmerとしてコーディングをしていきたいと思っているのですが
ちょこちょこコマンドを忘れてしまうので、メモ書きです。
ことあるごとに更新予定です。

ちなみにvimmerになりたいといいながら
VSCodeにvimプラグイン入れて使ってる邪教徒です。

カーソル操作

やりたいこと 入力キー
先頭に移動 ^
先頭に移動 $
上の行の先頭 -
下の行の先頭 +
単語ごとに後ろに移動 w
単語の先頭 b
単語の末尾 e
単語の末尾に戻る ge
% 対となる括弧に移動
検索したい文字まで飛ぶ f(文字)

abcde<html>でaにカーソルがあった状態で、f<と入力すると
htmlタグの先頭(<)にカーソルが移動する。
連続して行う場合は;を入力する

挿入

やりたいこと 入力キー
カーソルの左から挿入 i
カーソルの行頭から挿入 I
カーソルの右から挿入 a
カーソルの行末から挿入 A
カーソルの下段に空白行を入れ挿入モード o
カーソルの上段に空白行を入れ挿入モード O

削除

やりたいこと 入力キー
単語を削除 dw
行を削除 dd
カーソル位置から左を行頭まで削除 d^
カーソル位置から左を行の先頭まで削除 d0
カーソル位置から検索文字までを削除 dt文字
htmlタグ内を削除 dit
行の末尾から、改行を削除 J
  • dt文字に関して
    カーソル位置から検索文字までを削除に関しては 例えば<html>のタグがあるとして、カーソル位置をhとtの間にあるとし dt>とすると、<h>となり、カーソル位置から次に現れる文字の前まで削除される。
  • htmlタグ内を削除に関して
    例えば以下のようなコード1がある場合、<header>の先頭にカーソルを合わせた状態で ditと入力するとコード2のようになる。 また、<header>の途中にカーソルを合わせditと入力すると、<header>内が削除される。
コード1
<div>
  <header>
     <h1>hoge</h1>
  </header>
</div>
コード2
<div></div>
  • 行の末尾から改行を削除 以下のような文字を扱っている際に、
    「おいしいごはんが食べたい」と一行で表示したい場合は、
    「おいしい」の末尾にカーソルをあわせ、「J」と入力すると改行を削除してくれる。
(変更前)
おいしい
ごはんが食べたい
(変更後)
おいしい ごはんが食べたい

削除の最初のdをcに変えると、削除後に挿入モードになる(ddはcc)

矩形選択

やりたいこと 入力キー
矩形選択モード Ctrl+v
選択モードで行頭まで Ctrl+vの後に ^
選択モードで行末まで Ctrl+vの後に $

VSCodeでの操作

やりたいこと 入力キー
エクスプローラー移動 Ctrl+E
アクティブなエディターを右に移動 ⌘+Kを押し、→
アクティブなエディターを左に移動 ⌘+Kを押し、←
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away