WordPress

wordpressテンプレートづくり

テンプレート作成手順

  1. テンプレート用のhtmlを作成
  2. index.phpとstyle.cssを作成
  3. index.phpからheader.php, footer.php, sidebar.phpを作成
  4. 固定ページ(page.php)を作成
  5. 記事一覧ページ(blog.php)を作成
  6. 記事ページ(single.php)を作成
  7. テーマのための関数(function.php)を作成

共通パーツの読み込み方

適当なスラッグ名-適当なテンプレート名.phpという形で共通パーツのファイルを作成。テンプレート名はなくてもOK。読み込みたい箇所でカキのメソッドを呼ぶ。
<?php get_template_part('スラッグ名', 'テンプレ名'); ?>
引数のテンプレ名を省略することもできる。該当のテンプレ名のつくファイルが無ければ、スラッグ名.phpが読み込まれる。

functions.php

  1. カスタムフィールドやカスタムウィジェットを使うとき、何かの処理のかたまり(関数)を作りたい場合にはfunctions.phpに書いていく
  2. カスタムヘッダー機能を使うにはadd_theme_support()を使う
  3. カスタムヘッダーを表示するimgタグのパスにはheader_image()を使う
  4. カスタムメニュー機能を使うにはregister_nav_menu()を使う
  5. カスタムメニューを表示する箇所にはwp_nav_menu()を使う

カスタムフィールドとは

管理画面に入力フォームをつくり、入力された情報を指定した箇所へ表示できる仕組み。投稿ページか固定ページの入力画面に作れる。基本的にはカスタムフィールドで入力した値は固定ページなら入力した固定ページ内でしか使えない。

カスタムフィールド作り方

管理画面にフォームを表示する関数、フォームをどこに表示するか設定する関数、フォームに入力された情報をDBへ保存する関数の3つを作る。

カスタムウィジェット作り方

  1. カスタムウィジェットは、ウィジェットを登録するエリアを作る関数と、ウィジェット本体を作成するクラスを作る。
  2. ウィジェット登録エリア作る関数内ではregister_sidebar()を使う。
  3. ウィジェット本体を作成するクラス内では、初期化メソッド、入力フォームを作成するformメソッド、入力情報を保存するupdateメソッド、htmlテンプレートを作成するwidgetメソッドの4つを作る。

ウェブカツ!!