C++
GCC
CMake
MinGW
VSCode

VSCodeとCMake(とMinGW) でC開発環境をお手軽に構築する

はじめに

VisualStudio Code(VSCode)とgccによるC/C++開発環境をお手軽に構築します。

CMakeの使い方(その1)の記事を読ませていただき、CMakeデビューしようと思ったのですが、そもそも通常のC開発環境がないことに気付いたので、さっと用意した時の作業メモです。
(前半はCMake関係なく、通常のC開発環境構築についてです)

環境

  • Windows10 64-bit
  • VisualStudio Code(VSCode)
  • MSYS2 MinGW 64-bit

方針

  • とにかくお手軽にやる
    • ターミナル操作と組み合わせる
    • タスクランナーを使い、全部VSCode上から操作することもできるが、面倒なのでやらない
    • (ランナー用の設定ファイルやバッチファイルを書くくらいなら、ターミナルでコマンド打った方が早くない? という考え。特に、色々なプロジェクトを作ったり消したりするときは)

準備

MSYS2 MinGW64の準備

  • MSYS2をインストールする (https://msys2.github.io/)
  • スタートメニューに作られたMSYS2 MinGW 64-bit (C:\msys64\msys2_shell.cmd -mingw64)を開く
  • 言語を英語にしておく (お好みで)

    • ~/.bashrcに以下を追加
     export LC_ALL=en_US.UTF-8
     export LANG=en_US.UTF-8
     export LANGUAGE=en_US.UTF-8
    
  • 開発環境一式をインストールする

     pacman -Syuu
     pacman -S base-devel
     pacman -S mingw-w64-x86_64-toolchain
     pacman -S mingw64/mingw-w64-x86_64-cmake`
    

VSCodeの準備

  • Extensionsから、C/C++用Extension(ms-vscode.cpptools)を追加する

C/C++プロジェクトを開発する

プロジェクト用フォルダを用意する

プロジェクト構成
project1/
    - main.cpp
main.cpp
#include <stdio.h>
int main()
{
    printf("Hello\n");
}

↑のようなフォルダを、今回はc:\project1に作ります。
このproject1フォルダをVSCodeで開きます。

インクルードパスを修正する

VSCodeは、デフォルトでC/C++のヘッダファイル用パスを良い感じに設定してくれます。が、今回はMinGWのgccを使うので、そっちを参照するようにします。
(注:この作業はコンパイルには影響しません。エディタ上での「定義へジャンプ」などに影響します)

  • #include <stdio.h>の所に、緑の波線と電球アイコンがあったら、電球マーク上にマウスカーソルを持っていき、"Edit "includePath setting"をクリック
    • もしも出なかったら、ありえないヘッダファイルをインクルードしようとして、電球マークアイコンを出す。後でこれは消す。
      • 例えば、#include <aaa.h>

image.png

開かれたc_cpp_properties.jsonのWindows用設定内の、includePathpathを以下のように編集する。
これによって、「定義へ移動」などしたときに、正しいヘッダに飛んでくれます。必要に応じて、適宜追加修正してください。

c_cpp_properties.json
...略...
        {
            "name": "Win32",
            "includePath": [       ↓編集↓
                "C:/msys64/mingw64/include/c++/6.2.0",
                "C:/msys64/mingw64/x86_64-w64-mingw32/include",
                "${workspaceRoot}"
            ],
            "defines": [
                "_DEBUG",
                "UNICODE",
                "_UNICODE"
            ],
            "intelliSenseMode": "msvc-x64",
            "browse": {
                "path": [       ↓編集↓
                    "C:/msys64/mingw64/include/c++/6.2.0",
                    "C:/msys64/mingw64/x86_64-w64-mingw32/include",
                    "${workspaceRoot}"
                ],
                "limitSymbolsToIncludedHeaders": true,
                "databaseFilename": ""
            }
        }
...略...

インクルードパスの調べ方

MinGW上でgccでビルドするときに、-Hオプションを付けて、どのヘッダがインクルードされているかを表示させることで、確認できます。
g++ main.cpp -H

手動でビルド&実行

MSYS2_MinGW64ターミナル
cd /c/project1
g++ -g3 main.cpp
./a.exe

とりあえず、最低限のC/C++コードの実装と実行はここまでの手順でできます。

VSCodeからデバッグする

image.png

VSCode上でF5キーを押し、C++(GDB/LLDB)を選びます
自動で開かれるlaunch.jsonの"program""miDebuggerPath"を以下のように編集します。パスは環境に応じて適宜置き換えてください。

launch.json
...略...
    "configurations": [
        {
            "name": "(gdb) Launch",
            "type": "cppdbg",
            "request": "launch",
            "program": "${workspaceFolder}/a.exe",    ←編集
            "args": [],
            "stopAtEntry": false,
            "cwd": "${workspaceFolder}",
            "environment": [],
            "externalConsole": true,
            "MIMode": "gdb",
            "miDebuggerPath": "C:/msys64/mingw64/bin/gdb.exe",    ←編集
            "setupCommands": [
                {
                    "description": "Enable pretty-printing for gdb",
                    "text": "-enable-pretty-printing",
                    "ignoreFailures": true
                }
            ]
        }
    ]
...略...

もう一度F5キーを押すことでデバッグできます。ブレークポイントの設定やブレーク中に変数を見ることもできます。

ここまでで、C/C++のコードを書いて、手動でビルドして、VSCode上でGUIデバッグができるようになりました。

CMakeでビルドする

自分でコマンドを書いたり、Makefileを作ってビルドしてもいいのですが、CMakeを使ってみます。
下記のように、CMakeLists.txtを用意します。

project1/
    - main.cpp
    - CMakeLists.txt
CMakeLists.txt
project(Project1 CXX)

set(CMAKE_CXX_FLAGS "-std=c++11 -Wall")
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG "-g3 -O0 -pg")
set(CMAKE_CXX_FLAGS_RELEASE "-O2 -s")

add_executable(project1 main.cpp)

MinGWのターミナルから、ビルドします。注意点は-G "MSYS Makefilesを付ける点です。

MSYS2_MinGW64ターミナル
mkdir build && cd build
cmake .. -G "MSYS Makefiles"
make
./project1.exe
その他コマンド
cmake .. -G "MSYS Makefiles"
cmake .. -G "Unix Makefiles"     # これでも同じかも

cmake .. -G "MSYS Makefiles" -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release    # リリース設定用Makefileを生成
cmake .. -G "MSYS Makefiles" -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debug      # デバッグ設定用Makefileを生成

VSCodeからデバッグするには、以下のようにします

  • cmakeコマンドは、cmake .. -G "MSYS Makefiles" -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debugにする
  • launch.jsonの"program""program": "${workspaceFolder}/build/project1.exe",に変更する

Linuxの場合は?

手順的には全く同じです。
MinGW関係のインストールが不要です。また、gdbなどのパスの指定も、標準のものを使うのであれば、コマンド名(gdb)だけでOKです。