Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

データカタログを使う(分類 基本編)

分類とは

分類とは、簡単に言うと、カタログに登録するデータ資産にラベリングするための機能です。一見、タグにもよく似ていますが、タグは自由な意味を付与して、利用するものに対して、分類は、主に、機密レベル(Restricted,Confidentialなど)、ビジネス重要度(Critical,Important)や個人情報の機微性などを表現するために用いられます。例えば、以下のような分類です。

機密レベル

  • 極秘
  • 部外秘
  • 社外秘

ビジネス重要度

  • 最重要
  • 重要
  • 有用

データカタログの製品によっては、デフォルトで予め設定されているものもあります。例えば、Cloud Pak for Data(CP4D)のWatson Knowledge Catalog(WKC)では、以下の分類が事前に定義されています。

Personally Identifiable Information個人を特定できる情報(PII)とは、特定の個人を識別できる可能性のあるあらゆるデータと定義されています。ある個人と別の個人を区別するために使用できる情報はすべて、PIIと見なされます。

Sensitive Personal Information機微な個人データとは、人種または民族的な出自、政治的意見、宗教的信条またはその他の類似した性質の信条、労働組合への加入、身体的または精神的な健康状態または状態、性生活、または個人の犯罪歴または犯罪容疑歴に関する情報で構成される個人データと定義されています。

Confidential機密データとは、何らかの形で危殆化した場合に、そのデータが属する機関および/または個人に重大かつ/または長期的な危害をもたらす可能性のあるデータをいいます。

新しい分類の作成方法

ここでは、IBM Cloud Pak for Data(CP4D)のWatson Knowledge Catalog(WKC)を例に、新しい分類の作成方法をご紹介します。
CP4Dにログインした直後の画面です。
image.png
左上にあるメニューボタンを押して、ガバナンス -> 分類を選択します。
スクリーンショット 2020-11-11 14.46.00.png
右上にある新規分類 -> 新規分類作成を押します。なお、今回はご紹介しませんが、分類のファイルインポートも対応しています。

分類名とその分類が属するカテゴリーを選択します。また、その分類の定義を記入し、ドラフトとして保存を選択します。
image.png
分類がドラフトとして保存されました。CP4DのWKCは、分類は公開済ドラフトの状態で管理されます。ドラフトの状態場合、ユーザーには見えない状態となっています。
分類は、1次カテゴリーとしてメインのカテゴリーの他に、複数のカテゴリーに2次カテゴリーとして保存することができます。
これ以外にも、親分類従属分類を設定することができます。ここではブランクのままにします。

必要な情報を設定したら、右上にある公開ボタンを押します。
image.png

コメントを残して、公開するボタンを押すと、分類がドラフト状態から公開済みとなります。
image.png
デフォルトの設定では、公開ボタンを押すと、そのまま公開済みになりますが、CP4DのWKCのワークフロー機能を利用すれば、適切な承認プロセスを経て、分類を公開するようなフローを作成することもできます。

以上で、分類を作成いたしました。

takayuki-yamamoto
2019年より、Analytics系のソフトウェアのテクニカルセールスをしています。 投稿された情報はあくまで個人の見解なので、内容に関して責任を負うものではない事はご了承下さい。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away