Posted at

Prism Template Packについてくるコードスニペット

More than 1 year has passed since last update.


初めに

Visual Studioの拡張機能「Prism Template Pack」をインストールすると、Prism用のコードスニペットが付いてくるよという話。

コードスニペットというのは、例えばソースコードに「propp」を入力して、Tabキーを2回押下するとコードが自動挿入される機能なのです。


コードスニペット


propp

Property, with a backing field, that depends on BindableBase

更新通知が必要なプロパティを定義するときに使う。

private string fieldName;

public string PropertyName
{
get { return fieldName; }
set { SetProperty(ref fieldName, value); }
}


cmd

Creates a DelegateCommand property with private setter

DelegateCommandを定義するときに使う。

public DelegateCommand CommandNameCommand => new DelegateCommand(CommandName, CanCommandName);

ラムダ式の匿名メソッドで書きたい場合

public DelegateCommand CommandNameCommand => new DelegateCommand(() =>

{
// ここにコマンド処理
});

とか。


cmdg

Creates a generic DelegateCommand property

パラメータ付きのDelegateCommandを定義するときに使う。

public DelegateCommand<string> CommandNameCommand => new DelegateCommand<string>(CommandName, CanCommandName);

ラムダ式の匿名メソッドで書きたい場合

public DelegateCommand<string> CommandNameCommand => new DelegateCommand<string>((p) =>

{
// ここにコマンドの処理
});

とか。

ふむふむ。