Help us understand the problem. What is going on with this article?

1日で1番グッときた学びをシェアする協力型自己啓発公開Slackチーム ~Manabi Slack~

More than 1 year has passed since last update.

Manabi Slackとは?

  • 1日で一番グッときた学びを毎日一つだけアウトプットする公開Slackチーム
  • 誰でも参加可能
  • 意識上がって成長できる(気がする)

更新履歴

  • 20170911 実験開始
  • 参加希望者はここをクリック
  • チームに参加できたら左メニューの「Channels」をクリックして「manabi-share」に参加してください。
    =>デフォルトで「manabi-share」に参加するよう設定しました
  • 興味を持ってくれたからはいいね、いただけると私のテンションが上がっていろいろ頑張ります笑

作ったきっかけ!!

自分はフリーター並みに働いていないフリーランスエンジニア(別名:フリータンスエンジニア)なのですが、昨日彼女にある質問をされました。

昨日新しく学んだことで私の知らないことを3つを教えて!(^^)

キラキラした目で聞かれました。
そして考えました。

やばい、何も思いつかない。。
Webで技術系の記事読んだり、NewsPicksで経済の情報見たりしてるのにビシッと答えられない。
要は情報が身についていない。

でもこれ面白いと思ったんです。
毎日1番良かった学びをシェアすれば、自分の理解も深まる、人がいいと思った情報が効率よく集まる場所を作ってみたいなと。そこでみんな大好きSlackの登場です。

想定されるメリット

  • アウトプットを意識してインプットするので知識が自分の身に着く
  • 効率よく質の高い情報が届く
  • なんとなく意識高まってにいろいろプラスにはたらく(ぼんやりww)

シェアする内容

  • グッときた!、新しい技術だ!、衝撃を受けた!、癒された!、堕落した生活を改善するきっかけだ!など自分の学びになったなら何でもおっけー!

ルール

  • 今日自分は何を学んだのかしっかり振り返る
  • 1日で1番グッと来たものを一つだけ投稿する
  • 自分の学びに繋がった、共感した投稿にはスタンプや返信で感謝をしっかり伝える
  • 人がどう思うかは気にしない。自分にとって最高の学びをシェアする。
  • 21時にリマインドするので、やべぇ何も学んでねぇってなったら24時までに何か一つ学びましょう
  • 毎日続けることが大事!

チャンネル

  • manabi-share 学びをシェアする場所
  • general 管理人からの連絡。管理人への要望。リマインダーなど。
  • randam 雑談 ご自由にどうぞ
  • (参加者が増えればチャンネル増やすなど工夫していきます。まずは一箇所でシェアしましょう。)

参加

  • ここから参加
  • チームに参加できたら左メニューの「Channels」をクリックして「manabi-share」に参加してください。
    =>デフォルトで「manabi-share」に参加するよう設定しました

最後に

せっかく生きてるんだから毎日新しいことを学んで、みんなの力でみんなの人生を楽しく、豊かにしていきましょう!!
よろしくお願いします!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした