Windows
service
Server2016

Windows Server2016 RemoteDesktop Service リモートディスクトップライセンスモードが構成されていませんが出た場合

リモートディスクトップライセンスモードが構成されていませんとサーバログイン時に表示が出た場合

1.管理ツールから「RD ライセンス診断機能」を起動し診断結果を確認。

2.エラーとなる場合、ライセンスモード設定を確認するため Powershellを管理者で実行し、下記コマンドを実行

(Get-WmiObject -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices)

結果でLicensingType の値を確認 

HomeDirectory :
InstallDate :
LicensingDescription :
LicensingName :
LicensingType : 5
LimitedUserSessions : 0

LicensingType の値が下記でない場合設定が必要
「接続デバイス数」に設定する場合 :値が2
「接続ユーザー数」に設定する場合 :値が4

3.Powerhellで接続モードを設定
「接続ユーザー数」に設定する場合
(Get-WmiObject -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices).ChangeMode(4)

「接続デバイス数」に設定する場合
(Get-WmiObject -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices).ChangeMode(2)

4.実行結果を確認
(Get-WmiObject -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices)
HomeDirectory :
InstallDate :
LicensingDescription :
LicensingName :
LicensingType : 4 or 2になってればOK
LimitedUserSessions : 0

5.管理ツールから「RD ライセンス診断機能」を起動し診断結果確認
キャプチャ.JPG

エラーが表示がなく自分で設定したライセンスモードが反映していればOK