map
ingress

Googleマイマップを使ってイングレスの作戦地図を作る

More than 1 year has passed since last update.

Googleマイマップを使って作戦地図を作ろう

はじめに

最近イングレスという位置情報ゲームで遊んでいます。
健康のため歩き回る切っ掛けなればと始めたのですが、そこそこリアルと絡んで中々面白いです。
まだ始めて間もないので、コミュニティーへ登録してもFFで補給するくらいなのですが、多重CFを作ったりするのにも興味が出てきました。
リンクを張る順番やポータルキーの数を机上演習する目的で、グーグル マイマップについて調べてみました。
そのうち大人数のエージェントによる作戦にも参加してみたいので、役に立つといいなと思ってます。

インテルマップを表示

イングレスは、スマートフォンのスキャナー画面だけではなくブラウザのインテルマップでもポータルの配置とステータスを確認できます。
グーグルマップをベースに作成されていてよく出来ているのですが、CFやリンクが邪魔で作戦を練る地図には、あまり向いていません。
グーグルマップには、マイマップという自分だけにカスタマイズした地図を作るサービスがありますので、マイマップを使って作戦地図を作ることにしました。
インテルマップ.png

ポータルのリンクを取得する

ポータルと呼ばれるポイントは、右上のリンクボタンを押すことによってURLを取得できます。
このURLをそのままブラウザへ貼るとインテルマップでポータルが選択されて表示されます。
エージェント同士で、ポータル位置を共有する際には、この機能が使われます。
リンク.png

緯度経度でマップ検索

取得したリンクの引数を見ると緯度経度が指定されているのが分かると思います。
グーグルマップでは、緯度経度で検索することもできますので、URLの最後尾の2つの数値を使って検索を行います。
地図に黄緑色のマーカーが追加されました。
マップを緯度経度で検索.png

マーカーの追加

作成したマイマップに、マーカーを追加していきます。
マーカーの横にマウスオーバーするとプラスボタンが表示されますので押してください。
現在選択されているレイヤーへ青いマーカーが追加されます。
マーカーの追加.png
マーカーの追加2.png

ポータル名称を取得する

追加したての状態では、ラベルは緯度経度の数値になっています。
わかりやすいように、ラベルをポータル名称へ変更します。
ポータル名称は、ブラウザのデバッグツールを利用して取得します。
ChromeならF12ボタンで起動します。(終了もF12)
名前の取得.png名前をクリップボードへコピー.png

マーカーの名称をポータル名称へ変更する

鉛筆ボタンを押すとラベル名称を変更することができます。
マーカー名称の変更.png
マーカーが沢山ならんでもポータル名称だと判りやすいと思います。
マーカー追加完了.png

色分けして完成

マイマップには、ラインと色分け機能があります。
作戦のステップを色分けすると判りやすいかもしれませんね。
完成図.png

最後に

ポケモンGOに飽きたらイングレスを遊んでみてはどうでしょうか。