Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel-admin [インストール編]

しばらくlaravel-adminという管理画面作成用ライブラリを使ってみたので少しずつ記事にしていこうということで、まずインストールの手順からまとめていこうと思います。

プロジェクトの作成

Laravelのライブラリということでまず必要なものとなるのがLaravel。
Laravel-adminの公式ページによるとPHP7以降、Laravel5.5以降のものが必要とあるのでバージョンを指定してLaravelでプロジェクトを作成する。

$ composer create-project --prefer-dist "laravel/laravel=5.5.*" プロジェクト名

DBも必要になるので.envファイルも用意する。

.env
DB_DATABASE=DB名
DB_USERNAME=ユーザ名
DB_PASSWORD=パスワード

Laravel-admin導入

次のコマンドを実行する。

$ composer require encore/laravel-admin

vendor/encoreの中を見るとLaravel-adminが入っていることが確認できる。
次に下記のコマンドを実行する

$ php artisan vendor:publish --provider="Encore\Admin\AdminServiceProvider"

Laravel-adminが展開され、configやマイグレーションなどが追加される。
最後に下記のコマンドを実行することで必要な情報がDBに入る。

$ php artisan admin:install

あとはphp artisan serveなどをして、http://localhost:8000/admin にアクセスする。
username、password共にadminと入れ、Dashboardが表示されれば成功。

まとめ

最初からそれなりの画面が表示されているのであとは公式ページにあるクイックスタートの通りに進めていくと簡単に管理画面ができます。
これから少しずつ、スローペースではありますが、laravel-adminで試したことをまとめていきたいと思います。

おまけ

ユーザの追加などをしようとするとConfig errorと出る。
追加はできるのですがやはりエラーが出たままなのはいい気分にはなれないので、config/filesystems.phpの一番下、local、public、s3と続いている下に以下を追加する。

filesystems.php
'admin' => [    
'driver' => 'local',    
'root' => public_path('uploads'),   
'visibility' => 'public',   
'url' => env('APP_URL').'/uploads', 
],

するとエラーが表示されなくなる。

参考
laravel-adminインストール手順
Laravel-admin 公式

takamisa
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした