Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub 別リポジトリに push する方法

More than 1 year has passed since last update.

【経緯】

別プロジェクトで作った機能を一部スピンオフして一つのアプリケーションにしたいと言う要望があったため、アプリケーションを別リポジトリにpushすることとなりました。

【準備】

取り込み元 https://github.com/moto/torikomi_moto.git
取り込み先 https://github.com/saki/torikomi_saki.git

【実際のコマンド】

1: $ git clone https://github.com/saki/torikomi_saki.git
2: $ cd torikomi_saki
3: $ git remote add torikomi_repo https://github.com/moto/torikomi_moto.git
4: $ git pull torikomi_repo master
5: $ git add .
6: $ git commit -m 'get torikomi_moto'
7: $ git remote rm torikomi_repo
8: $ git push origin master

1)$ git clone https://github.com/saki/torikomi_saki.git
一旦取り込み先のリポジトリをcloneする

2)$ cd torikomi_saki
取り込み先のディレクトリへ移動

3)$ git remote add torikomi_repo https://github.com/moto/torikomi_moto.git
取込元をremoteに登録

4)$ git pull torikomi_repo master
torikomi_repoからマスターにpull

5)$ git add .
6)$ git commit -m 'get torikomi_moto'

7)$ git remote rm torikomi_repo
torikomi_repoを削除

8)$ git push origin master

5,6,8については add して commit して push

takamicii
「RubyOnRails + AWS」と「LAMP」のお仕事をしています。 最近は専らマネージャーやオーナー(社長じゃないよ)業です。 業界問わず、ITやIoTを利用しているサービス立ち上げや、マネタイズをしています。 Qiitaの記事は、ちょっとした備忘録です。 自分の環境でこうやったら上手く出来たよって言うものです。 もっといい方法があれば教えて下さい。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away