■はじめに

Zabbixの動作確認をするときにZabbixSenderを使用すると、監視データをコマンドで送信することができて
便利なので使い方を紹介します。

■環境

・Zabbix 4.0.0alpha5

■インストール

# yum install zabbix-sender

■設定投入

・ホスト作成

1.「設定」「ホスト」「ホストの作成」と順に開く
2.次の情報を入力して「追加」をクリック

項目
ホスト名 host1
グループ sender_test

・アイテム作成

1.「設定」「ホスト」から「host1」の「アイテム」を開く
2.「アイテムの作成」を開き、次の情報を入力して「追加」をクリック

項目
名前 CPU使用率
タイプ Zabbixトラッパー
キー trap_cpu

・トリガー作成

1.「設定」「ホスト」から「host1」の「トリガー」を開く
2.「トリガーの作成」を開き、次の情報を入力して「追加」をクリック

項目
名前 CPU使用率監視
深刻度 致命的な障害
条件式 {host1:trap_cpu.last()}>=90

■Zabbix Senderの実行

コマンドで直接値を指定する場合

# zabbix_sender -z 127.0.0.1 -s host1 -k trap_cpu -o 95

ファイルを取り込む場合

# vi data.csv
host1 trap_cpu 1523169600 55
host1 trap_cpu 1523169900 66
# zabbix_sender -z 127.0.0.1 -i data.csv 

 区切り文字:半角スペース
 フォーマット:「ホスト名」 「アイテムキー」 「取得時間(UnixTime)」 「取得値」

ループして大量にデータを作る場合

# vi loop.sh
#/bin/sh
for i in {1..10} ; do
   zabbix_sender -z 127.0.0.1 -s host1 -k trap_cpu -o ${i}
done
# chmod 755 loop.sh
# ./loop.sh

以上です。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.