Help us understand the problem. What is going on with this article?

Edu KotlinプラグインでKotlinの勉強をはじめてみる

More than 3 years have passed since last update.

概要

恥ずかしいことに全然Kotlinに手を付けられていません。
AndroidとKotlinとか言う前にKotlinの文法を知らないといろいろはじまりません。

良さそうな本が出ているのでそちらをおすすめしますが、
ちょっとおもしろそうな方法を見つけたのでシェアします。(常識だったらすみません。)

基本的にはこの動画のとおりです。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0ponbfQhESY

手順

Intellij IDEAのインストール

まずここからIntelliJ IDEAダウンロードしてインストールしてください

https://www.jetbrains.com/idea/download/

Edu Kotlinプラグインのインストール

インストールが終わったら起動したConfigure -> Plugins -> Browse Repositoriesを開きます。

image

Edu Kotlinと入れて、出てきたプラグインをインストールします。
image

インストール後IntelliJを再起動します。

プロジェクト作成

再起動後 Create new projectを選択し、Education -> Kotlin Koansを選択します。
image
プロジェクト名を入れて次に進めます。
image

これでインストールとプロジェクト作成が完了です

タスクを開く

プロジェクトが起動してくるので、やりたいタスクを選択します。するとコードが出ており、右に説明があります。
関数start()を作って"OK"を返してみましょうと言っています。
またTODO()はexceptionを投げさせるのに利用されるらしい。
といったことがわかります。

image

このメニューの左から回答をチェック、前のタスク、次のタスク、最初の状態に戻す、答えを表示となっています。
image

正解ならこんな感じになります
image

また1レベル終わるごとにツイートするかどうか表示されて、ツイートしてシェアしていけます!これでモチベーションを維持していきましょう!

まとめ

これで進めていって目指せKotlinプログラマです!

takahirom
Google Developers Expert for Android
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした