Help us understand the problem. What is going on with this article?

[ReVIEW Tips] LATEXBuilderでスタイルを指定する

More than 5 years have passed since last update.

ReVIEWをインストールすると、review-pdfmakerというコマンドが標準でインストールされます。review-epubmakerコマンドがEPUBファイルを作るのと同様、このコマンドはPDFファイルを直接作ってくれます。このコマンドでは、ビルダーとしてはLATEXBuilderというLaTeX用のビルダーが使われます。

使い方は以下の通りです。

$ review-pdfmaker 【設定用YAMLファイル】

ReVIEWでPDFを作成するには、このコマンドを使うか、またはInDesignで頑張ることになりますが、とりあえずここでは後者は置いておいて前者の話にします(HTMLBuilderでHTMLなりEPUBなりを生成してからPDFに変換するという技もありそうですが、詳しく知らないのでなかったことにします)。

スタイルファイルを使って指定する

さてreview-pdfmakerで生成されるPDFの見た目をいろいろ変えたいとなると、LaTeXのスタイルを指定する必要があります。これには設定用YAMLファイルに指定をします。

texstyle: mymacro

こうすると、review-pdfmakerを実行したディレクトリから見て、sty/mymacro.styというパスのスタイルファイルが読み込まれるようになります(LaTeX的には、標準で使われるデフォルトのパッケージ指定やその他の設定に加えて、\usepackage{mymacro}で読み込まれることになります)。具体的な*.styの書き方はLaTeXを勉強してください(私もそれほどよく分かっていないので日々苦労しています)。

ドキュメントクラスを指定する

なお、上記のスタイルファイルの指定では\documentclassの設定を変えることはできません。\documentclassを指定するには、設定用YAMLファイルに以下のように記述します。

texdocumentclass: ["jsbook", "oneside,14pt"]

こうすると、生成されるLaTeXのドキュメントクラス指定は以下のようになります。

\documentclass[oneside,14pt]{jsbook}
takahashim
Rubyist. Founder and CEO of Tatsu-zine Publishing Inc.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away