Re:VIEW 3.0への道

More than 1 year has passed since last update.

Re:VIEW 3.0についての文書です。鋭意更新中。予定はまだ未定です。


2.0と3.0の違い


スタイル


  • 全面更新、基本的には2.0のことは忘れて欲しい

  • 3.0では以下の3つのスタイルを持つ予定


    • 2.0互換jsbookスタイル

    • 3.0版jsbookスタイル

    • 3.0版jlreqスタイル(experimental)



  • 一応2.0互換モードもあるけど、そのうち(動か)なくなりそう

  • jlreq版もできるけど、jsbook版は維持する予定(3.0版の方)


3.0版の構成



  • *.styは4つになる


    • reviewmacro.sty

    • review-base.sty

    • review-style.sty

    • review-custom.sty



  • reviewmacro


    • loader。通常は編集不可。

    • 残りの3つを読み込む



  • review-base


    • 基本となるマクロ定義

    • Re:VIEWのタグから吐かれるマクロを定義する(そのためないと動かない)



  • review-style


    • (主に)見た目に関するマクロ定義

    • このファイルは空にしても大丈夫かも?



  • review-custom


    • ユーザ・書籍タイトル独自のマクロ定義

    • Re:VIEW自体で定義する内容はない(初期状態では空になっている)




なぜこうなったのか


  • 2.xでは頑張ろうとすると結局 layouts/layout.tex.erb をいじる必要があった


  • *.erb はユーザに触らせたくない


    • マイナーバージョンアップしただけで壊れやすい

    • *.sty だけで完結したい

    • バージョンアップ時に変更するファイルと変更しない(ユーザに任せる)ファイルに分割する




Re:VIEWのバージョンアップ時について


  • いままではlayout.tex.erbを更新していたが、そういうのをやめるようにしたい

  • 3.0→3.1への変更といったときには、review-base.sty を更新する



    • review-initを拡張する? review-updateみたいなコマンドを提供する?

    • 標準のスタイルを更新する場合にはreview-style.styも更新される




3.0 preview 1に入っていないけどやりたいこと


  • techbooster-dojin.styに寄せる?


    • geometryの非標準化

    • tcolorbox化



  • captionblockの独自マクロ化



    • https://ctan.org/pkg/alertmessage ベースのやつに置き換える?

    • 手元では試しに実装してみたものがあるけどうまく動かない。ダメそうだったらあきらめる