Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@takahashim

How to use AppVeyor (AppVeyorの使い方)

Travis CIやCircle CIなど、GitHubと連携したCIサービスが広く使われつつあります。しかしながら、これらはWindows環境をサポートしていません。そこで、Windows環境のCIができるAppVeyor (https://www.appveyor.com/) の使い方を紹介します。

Sign Up / ログインする

AppVeyorはGitHubアカウントで認証&レポジトリ連携できるので、GitHubアカウントでログインします。

まず https://www.appveyor.com にアクセスします。

Topページに「SIGN UP FOR FREE」というボタンがあるので、クリックします。

appv01.png

Sign Up画面になるので、左上のプルダウンで「FREE(OSSプロジェクト用)」のコースを選んで、左下のML登録のチェックボックスを(必要なければ)外し、左中のGitHubのボタンをクリックします。

appv02.png

あとはGitHubの認証画面になる(はずな)ので、そこでOKを押してログインします。

Add Project / プロジェクトを追加する

ログインができたら、新しいプロジェクトを作成します。

AppVeyorに戻ると、新規プロジェクトを追加する画面になるので、「NEW PROJECT」を選択します。

appv03.png

レポジトリを選択する画面になるので、AppVeyorでCIしたいレポジトリを選択します。

appv04.png

これで新しいプロジェクトが作成されます。

Build and Test / ビルドする

リポジトリと紐ついたプロジェクトが追加されれば、デフォルトの設定のままでもcommitやpull requestがあればCIが走るようになるはずですが、手動で最新版をビルドすることも可能です。その場合、プロジェクトのページで「NEW BUILD」ボタンをクリックします。

appv05.png

ただし、この時にレポジトリにappveyor.ymlが登録されていなければエラーになります。appveyor.ymlを追加してpushするなり、appveyor.ymlを追加するPull Requestを作ってマージするなりすると、設定された情報を元にCIが走るはずです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
2
Help us understand the problem. What are the problem?