Help us understand the problem. What is going on with this article?

ARCoreをUnityで開発(1.Unityを日本語環境でセットアップ)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ARCoreの開発にチャレンジしてみました。
自分がつまずいたことも含め、メモしておきます。

環境は以下のような感じです。

カテゴリ 内容
Dev OS Windows 10
ARCore 1.5.0
Device Glaxy S8(Android 8.0.0)

Unityの日本語環境をインストール

試しにUnityをセットアップしたところ、
英語で苦労したので日本語化できると聞き、試してみました。

Unity Hubのインストール

Unityを日本語化させるためには
Unity Hub経由でUnityをインストールすればいいらしい。

まず、Unity Hubをインストールしてみよう。
https://unity3d.com/jp/get-unity/download

インストールしてみたけど、あれ?
ネットワークが繋がってないとエラーが出ている・・・
そんなことはないのですが・・・
image.png

この時のUnity Hub バージョンは 1.3.0。
調べてみると、Unity Hubの問題らしい。
https://forum.unity.com/threads/unity-hub-insists-im-not-connected-to-a-network.556696/

やり取りをみると、DNSの名前解決に関連した問題みたいです。
nslookupで確認したところ、
インストールされたDockerの仮想ネットワークアダプターのDNSを優先的に見ているようだ。
Dockerの仮想ネットワークアダプターを試しに無効化してみたところ、うまく動作できました。

image.png

Unity Hubがネットワークにつながるようになったと思ったら
新バージョン 1.3.1がリリースされているとのメッセージが表示されました。
もしかしたら改善されているかもと思い早速インストールしてみて、無効化した設定を戻したら動いた!
かなりの時間を無駄にしてしまいました・・・・

image.png

Unity インストール

やっと本題にたどりつきました。
Unity Hubで、「Installs」をクリック、「Offical Releases」を選び、
今回は「2018.2.17f1」をDownloadボタンを押します。

Add components to your installが表示されたら、下へスクロール
image.png

「Android Build Support」を追加選択
image.png

Language Packでは「日本語」も追加選択します。
image.png

あとは、インストールが終わるまでしばらく待ちます。

Unity の環境を日本語に切替

インストールが終わったら、なにか一つプロジェクトを新規作成しましょう。
「Edit」から、「Preference」を開くと「Language」のメニューから日本語を選択して完成です。

image.png

こんな感じになりました。
日本語にするとやや違和感を感じますが、これでいろいろ試してみようと思います。

image.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away