Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Basic認証を交えたテストコードの書き方

【概要】

1.結論

2.どのように記載するのか

補足:開発環境

1.結論

環境変数を変数に埋め込み、visitでその環境変数を埋め込んだURLに飛ぶようにする!

2.どのように記載するのか

def basic_pass(path) #---❶
  username = ENV["STUDY"] 
  password = ENV["STUDY_password"]
  visit "http://#{username}:#{password}@#{Capybara.current_session.server.host}:#{Capybara.current_session.server.port}#{path}"
end

RSpec.describe 'コメント投稿', type: :system do
  before do
    @time = FactoryBot.create(:time)
    @comment = Faker::Lorem.sentence
  end

  it 'ログインしたユーザーは自己学習投稿の詳細ページでコメントできる' do
    # ログインする
    basic_pass new_user_session_path #---❷
    fill_in 'Email', with: @time_report.user.email
    fill_in 'Password', with: @time_report.user.password
    find('input[name="commit"]').click
    expect(current_path).to eq root_path
  end
end

上記のように記載しました!

❶下記のURLの具体例は環境変数になっていないので、変数に環境変数を代入する形にしました。あとは下記のURLを真似させていただきました。
❷basic_passメソッドを結合テストコードが読み込まれる前に記載しないとBasic認証テストのID,パスワードを通過できません。なので、結合テストコードの内容の一番最初にコーディングし、新規登録画面(devise gem使用)に遷移するようにしています。

かなり参考にしたURL:
Capybara + Headless Chrome (System Spec) で Basic認証 を通過する方法

補足:開発環境

Ruby 2.6.5
Rails 6.0.3.3
MySQL
Visual Studio Code
(Caprybara,Rspec,GoogleChrome)

taka_no_okapi
★自社開発企業★エンジニア★Web/システム開発★PHP/JS強化中★
https://twitter.com/taka_taka_tech
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away