Edited at

PlayFrameWork2.5+Scala+EclipseをWindows10で開発環境を準備してみた

More than 3 years have passed since last update.


開発環境


  • Windows10

  • Eclipse Mars.2 Release (4.5.2)

  • JDK1.8

  • PlayFrameWork2.5.4


環境準備


EclipseにScalaプラグインをインストール

ヘルプ⇒新規ソフトウェアの追加

から以下のURLから全て選択してインストールする

http://download.scala-ide.org/sdk/lithium/e44/scala211/stable/site


PlayFrameWorkのインストール

ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍する。

https://www.playframework.com/download

image


activatorのPATH設定

インストールしたパスにあるbinを指定する



C:\framework\activator-1.3.10-minimal\bin



新規アプリケーションの作成

コマンドプロンプトから実行する

playScalaTestプロジェクトをscala「6) play-scala」で作成する。

c:\work>activator new playScalaTest

ACTIVATOR_HOME=C:\framework\activator-1.3.10-minimal
ファイル BIN_DIRECTORY\..\conf\sbtconfig.txt が見つかりません。

Fetching the latest list of templates...

Browse the list of templates: http://lightbend.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
1) minimal-akka-java-seed
2) minimal-akka-scala-seed
3) minimal-java
4) minimal-scala
5) play-java
6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> 6
OK, application "playScalaTest" is being created using the "play-scala" template.

To run "playScalaTest" from the command line, "cd playScalaTest" then:
C:\framework\play\playScalaTest/activator run

To run the test for "playScalaTest" from the command line, "cd playScalaTest" then:
C:\framework\play\playScalaTest/activator test

To run the Activator UI for "playScalaTest" from the command line, "cd playScalaTest" then:
C:\framework\play\playScalaTest/activator ui


Eclipse用の設定ファイルの生成

設定ファイルの変更


playScalaTest\project\plugins.sbt

// The Play plugin

addSbtPlugin("com.typesafe.play" % "sbt-plugin" % "2.5.4")

// web plugins

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-coffeescript" % "1.0.0")

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-less" % "1.1.0")

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-jshint" % "1.0.3")

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-rjs" % "1.0.7")

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-digest" % "1.1.0")

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-mocha" % "1.1.0")

addSbtPlugin("org.irundaia.sbt" % "sbt-sassify" % "1.4.2")

// 以下を追記
addSbtPlugin("com.typesafe.sbteclipse" % "sbteclipse-plugin" % "4.0.0")


eclipseコマンドでeclipse用の設定ファイルを作成

c:\work\playScalaTest>activator eclipse

ACTIVATOR_HOME=C:\framework\activator-1.3.10-minimal
ファイル BIN_DIRECTORY\..\conf\sbtconfig.txt が見つかりません。
[info] Loading project definition from C:\framework\play\playScalaTest\project
[info] Updating {file:/C:/framework/play/playScalaTest/project/}playscalatest-build...
[info] Resolving org.fusesource.jansi#jansi;1.4 ...
[info] Done updating.
[info] Set current project to playScalaTest (in build file:/C:/framework/play/playScalaTest/)
[info] About to create Eclipse project files for your project(s).
[info] Updating {file:/C:/framework/play/playScalaTest/}root...
[info] Resolving jline#jline;2.12.1 ...
[info] Done updating.
[info] Successfully created Eclipse project files for project(s):
[info] playScalaTest

プロジェクト直下に.settingsフォルダが作成される


Eclipseに作成したプロジェクトを取り込む

ファイル⇒インポート⇒

既存のプロジェクトをワークスペースへ⇒

ルートディレクトリ選択にプロジェクトを作成したパスを入力⇒

作成したプロジェクトにチェックを入れる⇒完了


Eclipseで実行する準備

実行⇒外部ツール⇒外部ツールの構成⇒

プログラムを右クリックし新規⇒

ロケーションにPlayFrameWorkをインストールしたパスにあるactivator.batを設定


ロケーション

C:\framework\activator-1.3.10-minimal\bin\activator.bat



作業ディレクトリ

${project_loc}



引数

run



Eclipseで実行

プロジェクトを選択⇒実行⇒外部ツール⇒上で作成した外部ツールを選択

※右クリックの実行、デバッグから外部ツールは選択できない

ブラウザに以下のURLを入力

http://localhost:9000/

image