LoginSignup
55
40

次世代のコードエディターCursorのメリデメ

Last updated at Posted at 2023-11-22

初めに

最近になって、コードエディターのcursorが話題になってきています。
自分は、1ヶ月前ほどから実際に開発環境で使い始めました。
そして、今まで使ってきた使用感をGitHub Copilotと比較して述べていきたいと思います。
そもそもvscode Likeに作られているため、vscodeの拡張機能はほとんどそのまま使えます。
うちの開発環境で使っている、ASP.NET Coreのdebuggerだけ使えませんでしたが...。

メリット

1. コード生成能力が高い

image.png

cursorは、Command Kを用いて会話ベースでコードの生成を行うことができます。
GPT4ベースのコード生成は、copilotよりも明らかに生成能力が高いです。
そもそも、copilotはチャットベースでコード生成はできないですが...。


命令:ファイルを読みこむコードを書いて下さい。認めるファイルは、pdf,wordのみにして下さい。

<input type="file" id="myFile" name="filename" accept=".doc,.docx,.pdf">
<script>
document.getElementById('myFile').addEventListener('change', function(e) {
  var file = this.files[0];
  var fileType = file.name.split('.').pop();
  if (fileType !== 'doc' && fileType !== 'docx' && fileType !== 'pdf') {
    alert('許可されていないファイル形式です。PDFまたはWordファイルのみをアップロードしてください。');
    this.value = '';
  }
});
</script>

上記の命令から、コードを生成してくれます。
自社の開発環境がsvelteであるため、svelteで使えるようにコードを生成しています。
その精度はGPT4ベースであるため、かなり高い精度になっています。

2. デバッグ精度の高さ
image.png

Command+Shift+Lを用いると、バグがあるかどうか、どのように変更するべきかを答えてくれます。

image.png

試しにid属性をなくして、bug fixを頼むとbugをしっかり直してくれます。
この精度は、GitHub Copilot Chatと比べると高い印象です。

全体的に、会話ベースでのコード生成能力はかなり高いと思います。

デメリット

1. コード補完はない
GitHub Copilotでは対応しているコード補完が、cursorではありません。
コード補完を使える人は、GitHub Copilotを普段から使っている人で、cursorの機能ではないです。
個人的に、コード補完がないのは痛いと思います。
会話ベースでコードを生成することがないので、痒いところに手が届くコード補完の方が使い勝手がいいと思っています。

2. 価格設定
image.png

free枠でも普通に使うことができます。
しかし、GPT4を用いたChatは月に50回しか使うことができません。
つまり、今まで述べてきたメリットを受けるためには、pro枠の契約が必要ということです。
価格を考えると、GitHub Copilotかcursor proにするのかの選択に迫られると思います。

最後に

Cursorのメリデメを今回の記事では見てきました。
Cursorのコード生成能力は、個人開発の人にとっては大いに役立つと思います。
また、自分でサイトを作ってみたい人にとっては非常に有益です。

しかし、開発環境のために月に$20程しか使えない場合、
GitHub Copilotにするのか、Cursor Proにするのかは考えどころかなと思います。

個人的には、コード生成よりもコード補完をしてくれた方がいいので、
どちらかを取るならGitHub Copilotを使うと思います。

Cursorは無料で試せるので、一度自分で試してみて欲しいです。

55
40
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
55
40