Help us understand the problem. What is going on with this article?

個人開発でサービス作ったら、ドンズべりしたって話

More than 1 year has passed since last update.

昨日スマブラで初めて戦闘力400万いきました。大塚です。

はじめに

個人開発でサービス作ってバズって老後も安泰!みたいな構想を描きながら、サービスをロンチしました。
そして、ものの見事に一ヶ月程アクセス0という大敗を成し遂げ、サイトをクローズすることになったので自分なりの分析結果を発表します。

個人開発したいって思ってる人は是非僕の失敗を参考にしてください。

この記事で触れない部分

  • 使用したフレームワークやインフラ環境
  • ロンチまでに行った作業の内容

どんなサイトを作ったか

ジャンル問わずの転職サイトです。※「人材紹介」ではなく「求人情報サイト」です。
URLは下に貼っておきます。
転職サイトなら【JobChan】 | 転職サイト JobChan

なぜ失敗したのか

まず間違いないと思ってるのは求人情報サイトなのに求人情報がないことが理由だと思っています。
当然ですね。

あとは、サイトのトップページにメッセージがないからユーザが次のステップに何をしたらいいかわからないというのもあると思います。

なぜ当然のことで失敗すると気づかなかったのか

これは本当に言い訳なんですけど、
他サイトのコピー求人を後で作ればいい(未遂なんで許して下さい)とか、営業メールを時間ある時に手当たり次第送ればいいやと思ってました。

でもね、、無理でした。コピーする勇気もなかったですし営業メールを送る気力もわきませんでした。

この失敗の要因をもっと、どのサイトにも当てはまるように言うなれば、ロンチ後にアクセスをどうやって増やしていくか計画していないことが失敗の要因だと思います。

じゃあどうすれば失敗しなかったのか

プログラミングをやめればよかったと思っています。


  • そもそも、絶対失敗しないということは不可能なので、まずはHTMLとCSSだけでサイトを作って公開する。
  • アクセスがあるかどうか判断した後、本格的にシステムとして作り込んでいく。

こういうフローにすれば8割以上の工数がなくなりサービス自体を複数作れてヒットしたものに沢山時間を使うことができたなと思っています。

さいごに

失敗はしたけど作ってよかったと思っています。

ゴールデンウィークに何回も徹夜して、徹夜ってバカ効率悪いじゃん、早起きしようよって気づけましたし、一人でもちゃんと?サイト作れるんだなって思って自信にもなりました。

長文となりましたが、読んで頂きありがとうございました!
一ヶ月位このままサイトは残しておくのでよかったら、ちら見してください(*^^)
※運用費を安くできたのでこのまましばらく残します。

taisei_otsuka
【BLOG】=> https://se-taisei.com/ 【MAIL】=> contact@mail.se-taisei.com
https://portfolio.se-taisei.com/
elife
デジタルマーケティングのトータルソリューションを提供するマーケティングコンサルティング会社
https://www.elife.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした