LoginSignup
2
1

More than 1 year has passed since last update.

【日本語訳】デベロッパーアドボカシープログラム構築における5つの課題 - そしてその解決方法 (5 Challenges of Building Developer Advocacy Programs - And how to solve them)

Posted at

はじめに

本投稿は、Advocuのオリジナル記事を日本語訳したものになります。
It's great article! Thank you so much for your understanding and cooperation for our DevRel Blogs Translation, Sara Waszyńska 🥑

--- 訳者より注釈(ここから) ---
本記事内にはデベロッパーアドボケイトプログラムとデベロッパーアドボカシープログラムと二通りの言い回しが登場しますが文脈的に同じ意味と捉えてください。翻訳はなるべく原文に忠実に訳しています。
また、読み進めていただくとわかりますが、本記事にて示す「デベロッパーアドボケイト(またはアドボケイト)」はベンダーサイドにいる役割のことではなく、ユーザーサイド(開発者サイド、コミュニティ内)にいる外部アドボケイトのことです。
--- 訳者より注釈(ここまで) ---

image.png

数年前までは考えられなかったようなことも、今は自由に使える技術があれば実現できるようになりました。しかし、ツールはあっても、それを使いこなす才能があるとは限りません。そこで登場するのが、デベロッパーアドボケイトです。デベロッパーアドボケイトは、あなたのビジョンに賛同し、かつ他の開発者と対等に話ができる技術リテラシーを持った専門家です。

しかし、デベロッパーアドボカシーは、当初考えられていたよりもはるかに複雑です。開発者コミュニティを形成し、すべての技術的知識を迅速かつ簡単に伝え、潜在的なユーザーが製品のAPIやSDKなどで成功できるようにする、複雑なプロセスなのです。そのためには、既成概念にとらわれないアプローチが必要です。

デベロッパーアドボカシープログラムマネージャーは、その道のりで様々な課題に直面します。ここでは、デベロッパーアドボカシーとは何か、そして、どのようにしてこれらの課題を克服し、ゲームのトップに立つことができるのかについて、少しお話させていただきます。あなた自身のデベロッパー支援プログラムを作成することがいかに簡単で有益であるか、すぐに分かるでしょう。

なぜ技術系企業はデベロッパーアドボカシープログラムを作るのか?

まず最初に、大きな疑問から考えていきましょう。これを読んでいるあなたは、なぜデベロッパーアドボカシーが必要なのか知りたいと思っているはずです。

このトピックは以前すでに取り上げましたが、何度も説明する必要があると思っています。なぜなら、デベロッパーアドボケイトがあなたに提供できるメリットは、決して無視できないものだからです。

デベロッパーアドボカシーは、主に企業と開発者の関係、つまりB2Dに関わるという点でユニークです。通常のB2BやB2Cの関係では、製品を売ったり、コラボレーションの形を提供したりなど、物事はもっと単純です。より広い技術コミュニティの中で、開発者は顧客や企業の定義には当てはまらず、明確な第3の選択肢を形成しています。

意思決定者としての開発者

企業の約70%が新しいソフトウェアを選択する際に開発者に何かしらの助けを求めており、開発者はそれぞれの企業で最も影響力のあるメンバーであるため、彼らの意見を無視することはできません。成功への鍵は開発者にあるのです。

しかし、開発者は何事にも妥協しないものです。開発者がその製品に興味を持つには、その製品に注力している必要があります。その上で、その製品に本当の価値があることを示す必要があるのです。

開発者は通常、あなたの言葉を鵜呑みにはしません。開発者があなたのアイデアに価値があるかどうかを判断するために必要な情報を提供するために、ガイド、ケーススタディ、その他の資料をたくさん提供する必要があります。

これが、デベロッパーアドボカシーの核心にあるものです。デベロッパーリレーションズとデベロッパーアドボカシープログラムに投資している企業は、あなたのアイデアを売りやすくするだけでなく、より簡単に消化できるようにする専門家のチームを利用することができます。

このように、デベロッパーアドボケイトの役割は重要ですが、決して簡単なものではありません。この記事では、デベロッパーアドボカシープログラムマネージャが仕事上で直面する可能性のある課題と、それをどのように克服できるかを紹介します。

技術系企業がデベロッパーアドボカシープログラムを作成する際に直面する5つの共通課題

「デベロッパーエバンジェリスト」という言葉が、しばしばデベロッパーアドボケートと同じ意味で使われるのには理由があります。要するに、あなたの会社におけるデベロッパーアドボカシープログラムは、人々(この場合は開発者)をあなたの会社の価値観に変えるとともに、あなたのAPIや他の製品がいかに効果的に使われるかを他の開発者に示すために存在するのです。

技術者は通常マーケターには興味がない(しかし、あなたが彼らにやらせたい技術的なことには間違いなく興味がある)ので、両者を半ば強引に結びつけるデベロッパーアドボケイトが必要なのです。もちろん、これには独自の課題が伴います。今日は、デベロッパーリレーションズチームを設立する際に何を準備すべきかを知ってもらうために、その中でも特に大きな5つの課題に焦点を当てます。

開発者コミュニティのメンバーを熱心なアドボケイトに変える

最初の課題は、デベロッパーアドボカシープログラムのバックボーンとなる人たちを実際に見つけることです。出発点は、開発者コミュニティです。最高のエンゲージメントを確保するためには、デベロッパーエクスペリエンスが一流であることを確認する必要があります。しかし、これらはすべて異なる背景や価値観を持つ人々であるため、検討すべき解決策は一つではないかもしれません。

開発者の中には、オープンソースコミュニティのアイデアを取り入れながらも、自分ではあまり貢献しない、単なるウォッチャーな人もいます。一方、より積極的にコミュニティに参加し、自分自身のサブコミュニティを形成するほど積極的な人もいます。これらの人々はしばしばコミュニティ・リーダーと呼ばれ、デベロッパーアドボケイトとしてあなたが選ぶべき主な人物となります。

これこそが、デベロッパーアドボカシーの主な原動力です。熱心なコミュニティメンバーを見つけ、彼らのコミットメントに感謝を示すことで、あなたは真剣に成功したデベロッパーアドボケイトを獲得することができます。私たちが話しているのは、その分野のエキスパートであるだけでなく、他の人にそれについて話すことを楽しみにしている人たちのことです。これは、有機的な価値交換の最たるものです。

解決策:コミュニティリーダーがゲームチェンジする方法

この原則を採用している企業の一例が、Docker社です。彼らは、最高のエンゲージメントを得るために、デベロッパーアドボカシーをどのように構成すればよいかを示す素晴らしい例を示してくれています。彼らのDocker Captain Programは、コミュニティの特定のメンバーをリーダーとして登用し、彼らが会社の重要な柱のように感じられるようにすることで、彼らの士気とあなたのためにうまくアドボケイトする意欲をさらに高める方法なのです。

Docker CaptainsのウェブサイトとDeveloper Community Leaderプログラムの一例

これは、デベロッパーアドボカシープログラムの中核として、コミュニティの関与を中心に据えた場合の一例に過ぎません。もう一つの方法は、コミュニティの仕事を共有し、それに感謝していることを示すことです。

公式チャンネルには多くのリーチがあり、そこにトップコントリビューターとして名前が掲載されることは、企業と外部の開発者の間の仲介役としてうまく機能させるために大きな効果を発揮します。アドボケイトの満足度は、開発者との良好な関係を築くためのバックボーンです。

Google Developer Experts showcasing their Expert's work on their blog and LinkedIn profile.

ヒューマンファクターを維持する

このグローバル経済において、企業は大きなことを考えることが好きだということを、私たちは知っています。それは良いことです。木を目指していては星には届きませんし、年々成長し続ける技術産業には多くの可能性があります。しかし、このことについてまわる主な問題は、会社が大きくなるにつれてそれを維持する人間がどんどん離れていってしまうということです。あなたの会社のデベロッパーアドボケイトにとって、特に開発者とあなたの会社をつなぐための人間性こそが、この問題を難しくしているのです。

大きな一枚岩である開発者コミュニティが、自分たちの仕事を維持するために、そのビジネスの成長に合わせて人を増せば良いと考えるのは簡単なことです。

よくできたチームは一つの生物のように機能するはずですが、それでもやはり、それぞれの動機や価値観を持った個々の人間で構成されています。その人数が多ければ多いほど、全員が「自分は重要な存在だ」と感じることは難しくなります。

だからこそ、ビジネスの規模が大きくなればなるほど、メンバー一人ひとりのニーズにきめ細かく対応する必要があるのです。

解決策:信頼の大切さを知る

コミュニティリーダーを信頼し、他のメンバーからのフィードバックに注意を払うことで、何をすればいいのかがわかります。

開発者のためのアドボケイト活動は、デベロッパーアドボケイトプログラムのメンバーのモチベーションと善意に大きく依存するため、その範囲が飛躍的に拡大したとしても、それを維持することが重要です。

デベロッパーアドボケイトの常時エンゲージメント

私たちはすでに、モチベーションについて、そしてそれがデベロッパーアドボケイトの活動において、最も人間的な側面を形成していることについて、ここまで話してきました。このような関わり方は、通常、組織的に行われます。

それでも、新しくエキサイティングなプロジェクトが始まると、興奮は常にピークに達するものです。そのレベルを維持することが、本当の意味での課題なのです。

解決策:集中力を維持する

ここでのマネージャーとしてのあなたの役割は、非常に重要です。あなたのコミュニティとデベロッパーアドボケイトは、自分たちが立っている場所が何なのかを知らなければ、それにエキサイトすることはできません。あなたのジャーニーが何であるか、常に意識してもらうようにしましょう。あなたの目標は何ですか?どの段階にいるのかですか?どこに向かっていて、そこに到達するために他に何が必要なのですか?次のステップは何ですか?常に情報を提供し、関わり続けましょう。

しかし、彼らに伝えることは方程式の半分に過ぎません。プログラムマネージャーであるあなたは、開発者と同じものの見方をしているわけではありません。ですから、開発者の個人的な目標、ニーズ、ビジョンにも耳を傾けるようにしましょう。そうすることで、開発者に最高のデベロッパーエクスペリエンスを提供し、共通の目標に向かって協力し合うことができるのです。

開発者との関係は、それが、みんなが最後まで頑張れる燃料になるべく、価値観と信頼性に大きく依存することになります。

何度も言っていますがもう一度いいます。「アドボケイトのみなさんに感謝すること」です。彼らの意見を受け入れ、それに対して報酬を与えることを示しましょう。時には、ちょっとしたSwagを渡すのもよいでしょう。

Women Techmakersのアンバサダー1名にスワッグパックをプレゼント。

地域特化の体験をグローバルにコミュニティに提供する方法

グローバリゼーションは技術産業にとって恵みと言えます。インターネットによって私たち全員の距離が縮まり、全世界の人材が自由に使えるようになったのです。この地球という"村"の現象は、パンデミックによる制約を乗り越えるために、特に重要な役割を果たしました。

実際、閉鎖的な環境に耐えたことで、オンライン会議のためのより良いソリューションが生まれる土壌ができました。Last Link は、このような状況を直接的に反映したソフトウェアの良い例で、複数の部屋を作成し、大規模な会議をより簡単に管理できるコミュニケーションツールです。

もちろん、世界中のクライアントに無制限にアクセスできるメリットは良いことばかりではありません。デベロッパーアドボカシーチームにとっては、さらなる課題も伴います。世界は広く、多様性に富んでいますが、チームの規模が大きくなりすぎると、手に負えなくなるのです。

さらに、世界中の開発者はまったく異なる文化的背景を持ち、異なるタイムゾーンで生活しているため、その調整も大きな懸案事項のひとつでしょう。

解決策:区分けと委任を学ぶ

ここで重要な解決策は、仕事の優先順位付けと適切な分担をすることです。この状況に対応する良い例が、Google Developer エコシステム です。Googleは言うまでもなく、グローバルに展開する業界の巨人の1つですから、このような特殊な面を備えていても不思議ではありません。

Google Developer Groups website, with option to find a local developer community near you

彼らが行ったのは、地域社会のリーダーとして活動するデベロッパーアドボケイトたちのネットワーク全体を構築し、それぞれが地域レベルで活動できるようにすることでした。140の国々に1000以上の支部があり、それぞれにオーガナイザーがいます。彼らは、さまざまなイベント、ミートアップ、および一般的なコミュニティ関連の問題を組織する責任を負っています。また、支部への参加や新しい支部の設立は簡単で、デベロッパーアドボケイトは必要なツールをすべて手に入れることができます。

その結果、Googleは、その規模にもかかわらず、最も活発なデベロッパーアドボケイトプログラムを有している一社です。実際、彼らはその規模を最大限に利用し、多様性、人数、そしてモチベーションをリアルに活かしているのです。

デベロッパーアドボカシープログラムの価値を検証する

ここまでで、デベロッパーアドボカシープログラムがいかにエキサイティングなものであるかは、かなり明白になったはずです。開発者との関係を活性化し、デベロッパーエクスペリエンスを世間に広めることができる、新しいものだからです。私たちはそのような熱意に溢れていますが、ここからは少し控えめにしていこうと思います。

なぜなら、熱意はプロジェクトに勢いを与えますが、最大のROIをもたらすものではないからです。最後の課題は、現在の戦略の必要性です。

解決策:常に目を離さない

デベロッパーアドボケイトは、自分がどこに立っているのかを知る必要があります。彼らのマネージャーとしてのあなたの仕事は、彼らが必要とするものを提供することです。方向性のない勢いは無意味なので、まずは 向かうべき方向性 を確立することから始めましょう。

Use Developer Advocacy Canvas to draft the strategy of your program.

ビジョンは明確である必要があります。なぜなら、それが開発者を支援するチームのモチベーションを維持するだけでなく、経済的にも風通しがよくなるからです。ビジョンがあるからこそ、見積もりができ、ビジネスゴールが設定でき、プロジェクトを必要なだけ継続させることができるのです。

価値観と目標が確立されたら、それがどれだけ達成されたかをチェックする必要があります。これは、あなたの行動ではなく、コミュニティのメンバーの行動に直接関わることなので、より難しい部分です。

この段階では信頼が重要な役割を果たしますが、それだけでは限界があります。デベロッパーアドボケイトを信頼することは非常に重要ですが、やはり数は数です。もちろん、スプレッドシートに頼って、チームの進捗を手動で追跡することもできますが、このような課題を解決する、より効率的な方法があります。

Advocu:デベロッパーアドボカシー管理にベストなソフトウェア

ここで、私たちが直接お手伝いできることがあります。Advocuのデベロッパーアドボカシー管理ソフトウェア は、デベロッパーアドボケイトコミュニティを運営する人がより簡単に運用できるようにするために、私たちが特別に作り上げたものです。プログラムのあらゆる側面を管理することができます。加えてデベロッパーアドボケイト向けの仕事を設定することも非常に簡単で、常に最新の情報を入手することができます。また、リーダーボードやアクティビティストリームを使用している場合、当社のソフトウェアを使用すると、オープンソースコミュニティによる情報の表示が非常に容易になります。

Engage developer advocates more, by giving them a clear directions to report their contributions.

デベロッパーアドボカシープログラムを導入したいが、何から始めればいいかわからないという方は、今すぐご連絡ください。そして デモを予約 してください。簡単にできるということをお見せします。

まとめ

優れたデベロッパーアドボケイトは、現代のあらゆるビジネスにおいて、マーケティングと開発の両側面をつなぐ重要な仲介役です。テクノロジーの可能性が広がるにつれ、その知識を外交術のように翻訳できる専門家の必要性も高まっています。開発者としての幅広い経験と、私たちのようなソフトウェアの助けがあれば、デベロッパーアドボカシープログラムを立ち上げ、あなたのビジネスが次のステージに進むための手助けをすることができます。

2
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2
1