Help us understand the problem. What is going on with this article?

NASもファイルサーバもいらない!Azure ストレージアカウントの「File Storage」を活用しよう

More than 3 years have passed since last update.

概要

Azureを利用していると、ストレージアカウントはお使いになられたことは最低1度はあったかと思います。その中でもよく利用されるのが「BLOBストレージ」や「テーブルストレージ」、場合によっては「キューストレージ」ではないでしょうか。今回はあまり注目を浴びない「ファイルストレージ」のサービスを利用する方法と、オープンソースソフトウェアを組み合わせた実運用的な利用方法をご紹介します。

Azure ファイルストレージって?

Azure ファイルストレージは、Azureストレージアカウントのサービスの一つで、SMBプロトコルといういわゆる普通のWindowsファイル共有と同じプロトコルを利用した、ファイル共有サービスの一つです。課金体系はAzureストレージアカウントと同じで、利用した容量とトランザクション数だけで課金されるため、費用を抑えつつ大容量のファイルを(最大容量5TBまで)保管することができます。

構築手順

  1. まず、Azure Portalから画面左上の「+新規作成」ボタンをクリックし、「Storage」カテゴリーの「ストレージアカウント」をクリックします。
    image

  2. ストレージアカウントの名前、リソースグループ等を指定します。アカウントの種類は「汎用」のままにします。
    image

  3. デプロイ完了後、ストレージアカウントを開き、「ファイル」をクリックします。
    image

  4. 「ファイル共有」をクリックします。
    image

  5. 新しい名前で割り当てる容量(クォータ)を指定し、「作成」をクリックします。
    image

  6. これで共有の準備はできました。このファイル共有をクリックします。
    image

  7. 「接続」を押すと、このファイル共有へアクセスするためのアクセス情報が表示されます。この情報のメモを取りましょう。
    image

  8. Windows/Linuxで接続を設定するには、アクセスキーが必要ですので、そちらも取得しておきます。
    image

Windowsの場合

  1. Windowsの場合、net useコマンドで、このファイル共有のドライブマッピングか可能ですが、画面からも設定できます。
    image

  2. フォルダエクスプローラーを開き、「PC」(またはマイコンピュータ)を選択し、「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。
    image

  3. ウィザードが表示されるので、「フォルダー」に表示されていたアドレス「\ストレージアカウント名.file.core.windows.net\ファイル共有名」を記入し、「別の資格情報を使用して接続する」にチェックを入れてから、「完了」をクリックします。
    image

  4. 資格情報が求められるので、ユーザー名はストレージアカウント名、パスワードはアクセスキーを入力します。
    image

  5. 何も完了したことについて通知されませんが、PCまたはマイコンピュータを開くと、ちゃんとつながっています。これで最大5TBのファイルストレージが使えるー!
    image

  6. 転送速度は著者の自宅のインターネットだと、毎秒6MB前後(48Mbps)の転送速度でした。結構早いですね。
    image

Linuxの場合

Linuxの場合は、ターミナルを開いて、表示されているmountコマンドを入力すれば、簡単にマッピングできます。
※Linuxでは通信が暗号化できないため、現在はAzure上の同リージョンのLinuxからのみアクセス可能です。
image

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした