Help us understand the problem. What is going on with this article?

gasのwebアプリがgsuite配下では開けない問題

問題点

gasで作成したwebアプリを公開してもgsuite配下では見ることができない問題

詳細

まず通常gasでwebアプリを公開した場合下記のようなurlになります。
(フリーアカウント、ドメインがgmail.comの場合)
https://script.google.com/a/macros/s/"スクリプトid"/exec
こちらのurlはブラウザにログインしているアカウントがフリーアカウントである場合は見ることができますが、それ以外の場合は開きません。

擬似的な解決策

根本的な解決はできませんが、ブラウザにログインしている特定のgsuiteアカウントに公開する必要がある場合は、その特定のgsuiteアカウントのドメインがわかっている前提ですが、
https://script.google.com/a/macros/"ブラウザにログインしているドメイン名"/s/"スクリプトid"/exec
とすることでその特定のgsuiteアカウントでは見ることができるようになります。

根本的な解決に向けて試したが死んでしまった施策

1.何度見たか数えきれない下記の画面ですが、このページに移行する前に少なくとも読み込みするだろうと思い、

スクリーンショット 2020-11-05 16.19.09.png

最初の読み込みの際にユーザーがブラウザにログインしているメールアドレスを取得して@以降のドメインを抽出し、強制的に下記の
https://script.google.com/a/macros/"ブラウザにログインしているドメイン名"/s/"スクリプトid"/exec
urlを生成してページ遷移させようとしたのですが、そもそもvar resultまで届かないという無念な結果に終わってしまいました。

下記のスクリプトはユーザーがブラウザにログインしているメールアドレスを取得できるスクリプトです。(*個人情報の取り扱いには気をつけましょう)

getEmail.gs
function doGet() {
  var result = Session.getActiveUser().getEmail();
...

最後に

これの解決策を思いつかれた、もしくはそもそもこれで解決できるよということを教えていただける心優しい方がいればコメントもしくは記事に書いていただけますと幸いです、自分も根本的な解決に向けてまた取り組んでみます。

本当に最後に

現在私は個人事業主として下記のサイトの事業を取り進めております。(サイトはまだ作成して間もないのでまだガタガタです、、)
ホテルの自動チェックインのラインでの実装や、rpaの制作をメインに進めています。
作業の自動化等にご興味があれば是非ご連絡ください。何卒よろしくお願いいたします。
https://senren.work/
info@senren.work

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away