Posted at

Webエンジニアとしての最低限必要なネットワーク基礎知識をまとめてみた【逐次更新】

More than 3 years have passed since last update.

いくらWebアプリをメインで扱うといっても、ネットワークの基礎は知っておかないと仕事にならない。

というわけで書籍などを読んだ結果を随時まとめるための備忘録。

◆TCP/IPの基本

[IP(IPv4)通信の中身]

・IP通信とは、パケットと呼ばれる小包を送ったり受け取ったりする通信!

  パケット…通信単位。中に様々な情報を詰めている

  IPアドレス…発信元や受信先を示すアドレス。その名の通り住所

  IPヘッダ…様々な管理情報。いわゆる小包に張る伝票

  ペイロード…送り届けたいデータ。いわゆる小包に詰める荷物

 →これらを規定のフォーマットやサイズに指定して、

 上位レイヤ(トランスポート層)にあるTCP(いわゆる郵便屋)の力を借りて、届ける

[IPアドレス概説]

・IPアドレスは、個人固有の住所!

 固い言い方をすれば、ネットワーク上の通信機器を特定するための識別子。

 32ビットの数値で表されるが、普段は8ビットずつ4つに分けて区切り10進数に表して

 人間にやさしい表記になっている(「192.168.1.3」など)。

・ネットワーク部は住まいのマンション名、ホスト部は部屋番号

 IPアドレスはネットワーク部とホスト部で構成されている。

  ネットワーク部…通信機器が所属するネットワーク

  ホスト部…所属するネットワーク内での通信機器個別識別番号

・サブネットマスクは、IPアドレス内のネットワーク部とホスト部の区切り

 とはいっても、実際は0と1の数値であるIPアドレス。

 どこがネットワーク部でホスト部かを判別しやすくする為の区切りがサブネットマスク。

 ちなみに、

  サブネットマスクが短い

  →ネットワーク部が短い/ホスト部が長い

  →マンションの部屋数が多くなる!(通信機器に割り振れるIPアドレスの数が多くなる)

 ということになる。

・厳重な鍵付きのマンションと、誰でも使える公民館/プライベートIP、グローバルIP

 外部から直接アクセスできないネットワークで使用されるのが、プライベートIPアドレス。

 (会社のイントラネットやサーバファームの内部ネットワークなどに使用される)

 一方、インターネットのどこからでもアクセスできるのがグローバルIPアドレス