Help us understand the problem. What is going on with this article?

Blend for Visual Studio 2017 を試用してみた!

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Visual Studio 2017 にひっそり寄り添うように Blend for Visual Studio 2017 が添付されています。
Blend と言えば、最初は有料のツールで主に Silverlight の画面設計のためのデザイナー向けツールという位置づけだったかと思います。
その後、Silverlight が終了してしまい、現在はどうなっているのか試用してみました。

Blend 2017 を開いてみる

スタートメニューから次のアイコンを探してクリックします。(Windows 10 なら Bグループにあります)

BlendIcon.png

起動すると、下のような画面が開きます。Visual Studio そっくりですが、微妙に違ってます。
Blend2017.png

ファイルメニューの「新規プロジェクト」から「新しいプロジェクト」ダイアログを開きます。テンプレートは実にシンプルです。

NewProject.png

「WPF アプリ」を選んでOKボタンをクリックすると、WPF アプリにデザイン画面が開きます。

Blend2017-p.png

画面をデザインしてみる

画面のデザインは Visual Studio 同様、部品を貼り付けていく方式です。部品はデザイン画面の左隣に縦に並んでいます。

DesignWindow.png

これだけじゃ足りないと思いそうですが、一番下の >> ボタンをクリックすると隠れていた部品がずらりと出てきます。あまり数が多いのでどこに何があるのか覚えるのも大変そうです。

ToolBox.png

部品を貼り付けて適当に作った画面が下のイメージです。この画面では、「閉じる」ボタンをクリックしたとき、ウィンドウが閉じるだけですが、部品の色を変えたりアニメーションを行ったりいろいろできるようです。

DesignWindow2.png

イベントハンドラを追加してみる

イベントハンドラを追加すればいろいろできそうですが、ここはお試しということで、ボタンをクリックしたらウィンドウを閉じるイベントハンドラを追加します。まず、ボタンの名前を付けなくてはなりませんが、プロパティウィンドウの一番上に「名前」があるので、そこにボタンの名前(ここでは btnClose)を入力します。

さらに「名前」横のカミナリマークをクリックすると、イベントハンドラ一覧が表示されるので、Click のところに btnClose_Click と入力します。

Property.png

「表示」メニューでコードを選ぶと、コード画面に切り替わります。コードを見ると、イベントハンドラが追加されているはずなので、処理として "Close();" を入力します。

private void btnClose_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    Close();
}

実行してみる

実行してみると、下のイメージのように何やら見慣れない黒いボタンが表示されますが、これはビジュアル的ないろいろな確認に使うツールのようです。

RunApp1.png

このツールの下の方をクリックすると、下のイメージのように隠すことができます。

RunApp2.png

使い道

業務系アプリケーションでは、地味な画面で十分なので通常 WPF は不要です。

Blend を使えば、デザインの労力はたいしたことがないので、強力な PowerPoint として使えます。もし、マクロを使うような PowerPoint プレゼンテーションを作るなら Blend を使うのも選択肢かもしれません。

電子看板などにも使えますね。きれいな画面と複雑なアニメーションを表現できます。

HTTP クライアント機能を組み込めば、単なる看板でなく対話型のアプリを作れます。ブラウザで複雑な JavaScript のプログラムを組むより C# や VB.NET のほうが開発効率も高いし、WPF の表現力も高いです。WPF は Direct-X ベースなのでスピードも速いはずです。

tadnakam
電通大出身。 趣味でプログラミングをやってます。
https://makandat.wordpress.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした