Edited at

【VMWare】VMwarePlayerでディスク拡張やった時のメモ(Linux環境)

More than 3 years have passed since last update.

Oracle検証用途でVM上のLinux環境にOracleをインストールしようとしたところ、SEを入れるのに容量が足りず、怒られてしまった時の対処メモ。

参考にしたのはこのサイトです。

1.仮想ディスクの拡張

兎にも角にも検証環境にディスク容量が足りないため、VMの設定からディスクを拡張します。

元々は、HDDは20GBを確保しました。

そこに追加の容量として、10GB追加しました。

まずは、OSの電源をオフにして、以下の画像の順に拡張します。

2.容量を確認する

追加した容量を確認します。

# fdisk -l

検証環境では、/dev/sda1,/dev/sda2まで使っていたので、/dev/sda3を追加します。

# fdisk /dev/sda3

オプション
説明

n
新規作成

p
基本パーティションを選択

p
パーティション情報を表示する

w
パーティション情報を書き込んで終了する

この後、OSを再起動します。


  1. LVMの設定を行う
    ・物理パーティションの作成(パーティションを初期化する)
    # pvcreate /dev/sda3

・(ボリュームグループに物理パーティションを追加するため)ボリュームグループの確認する。

# vgdisplay

「VG Name」の値が確認すべき箇所です。

・ボリュームグループに物理パーティションを追加する。

`# vgextend ボリュームグループ名 /dev/sda3

・LVMのサイズを拡張する。

`#lvextend -L +10232MB /dev/VG名/LV名

-Lで指定する値は、vgdisplayで「PE Size」と『Free PE」を掛けた値です。

・ファイルシステムのリサイズ

# df -h

拡張前に領域のサイズを確認しておきます。

# resize2fs -f /dev/VG名/LV名

# df -h

拡張した領域がサイズが変化しているかを確認します。

以上。

LPICの受験のために勉強していたものの初めてコマンドを打ちました。

やはり机上だけでなく実践が第一だなぁと感じました。

※参考サイト

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230775/