Help us understand the problem. What is going on with this article?

ElastiCacheのredisをEC2で使う

More than 1 year has passed since last update.

EC2二台が使用するキャッシュサーバーとしてElastiCacheを導入しました。
今まではセッションをsessionsテーブルに持っていたのをredisに移行するすることが主な目的だったのですが、将来的によく利用するデータはredisに持たせたりしたいなという目論みもありました。

redisのインスタンス作成

ElastiCacheの左側のメニューでredisを選択して「作成」からredisのインスタンスを作成します。

https://gyazo.com/13a7c619258295da8987420a5b5fa9bf

Amazon ElastiCache クラスターの作成 画面が表示されます。
入力すべきは以下の項目です。

  • 名前
  • ノードタイプ

パラメータグループもチューニングして設定すべきできすが、今のところデフォルトで困っていないので後回しにしています。

ElastiCacheの料金表は以下のリンクから確認してください。
https://aws.amazon.com/jp/elasticache/pricing/

https://gyazo.com/ccabd8b9a00296012311929f5ba806a8

詳細設定に進みます。

https://gyazo.com/1e6addedd11d2c1266685e2997b8dab3

入力すべきは以下の項目です。

  • サブネットグループ
  • セキュリティグループ

セキュリティグループはインバウンドでredisのポート(6379)を開けてあげたものを設定します。

EC2からElastiCacheのredisへの疎通確認

$ redis-cli -h redis-name.xxx.xx.9999.xxxx.cache.amazonaws.com
$ ping
PONG

redis-cliが入っていない場合はインストールする必要があります。
(ubuntuの場合は $ sudo apt-get install redis-tools -y

Railsの設定変更

config/initializers/session_store.rb

Rails.application.config.session_store :redis_store, servers: ENV['REDIS_URL'], expire_after: 3.months

redisのURLは環境変数で設定しているので、各サーバーの環境変更(REDIS_URL)にredisのエンドポイント(portは不要)を入れてあげればOKです。

エンドポイントはダッシュボードのプライマリエンドポイントを見てください。

https://gyazo.com/cc04366daa59f9c63ead12d31db1bfb5



この記事はElastiCacheのredisをEC2で使うをQiita用に加筆修正したものです

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした