Edited at

広告配信事業者のためのスマートデバイスデータまとめ

More than 5 years have passed since last update.

スマートデバイスデータについてまとめてみました。

間違っている部分は、逐次修正いたします。


データ分類


Webデータ

スマートデバイス上のブラウザでWebサイトに訪れた際に取得できるデータ

データ取得のために、javascriptタグを導入する必要がある

ユーザー識別子: Cookie


取得可能な情報


  • ユーザー情報 : IP / UA / リファラ / Cookie

  • ページ情報 : metaタグ / ページURL

  • 広告配信情報 : キャンペーンID / クリエイティブID / プレイスメントID

  • 端末情報 : センサー系(位置, 端末加速度, ジャイロ)

参考:http://www.tagindex.com/javascript/user/browser.html


iOS


  • 主要ブラウザ - safari, Chrome

  • 3rdPartyCookieの書き込みができない(safari)


Android


  • 主要ブラウザ - Chrome, デフォルトブラウザ

  • 3rdPartyCookieの書き込みができる

  • PCとほとんど同じ


Appデータ

スマートデバイス上にインストールされているアプリから取得できるデータ

データ取得のために、SDKを導入する必要がある

ユーザー識別子: IDFA(iOS)/AdvertisingId(Android)


ネイティブアプリ

アプリ内のコンテンツをネイティブコードを用いて開発しているアプリ


取得可能な情報


  • ユーザー情報 : IP / UA(Locale,device,OS,OS version) / timezone / 画面サイズ(縦,横)/
    リファラ / Cookie / ADID(IDFA,AdvertisingId) / NW情報

  • アプリ情報 : アプリ名 / アプリバージョン / BundleID / URLスキーム

  • 広告配信情報 : キャンペーンID / クリエイティブID / プレイスメントID

  • 端末情報 : センサー系情報(位置, 端末加速度, ジャイロ, 音, 光量など)

※端末情報は、取得する場合に、ユーザーのPermissionが必要になるため、アプリ内でセンサー系情報を取得している場合に限る。


WebViewアプリ(ハイブリットアプリ/アプリ内ブラウザ)

アプリ内のコンテンツにWebサイトを流用しているアプリ

アプリのがわだけ、ネイティブコードで実装し、WebView領域内にWebサイトを表示させる


取得可能な情報


  • Webで取得可能なデータ + Appで取得可能なデータ

※safariやChromeなどデバイスにインストールされているブラウザとWebViewアプリのCookieデータは、保存領域が異なるため共有することはできない。

サイトAにWebブラウザで訪れた場合と、WebViewアプリからサイトAに訪れた場合は、別ユーザーとして扱われる。


SDK(Software Development Kit)

Wikipediaより引用


ソフトウェア開発キット(ソフトウェアかいはつキット、英語: Software Development Kit、SDK)は一般に、特定のソフトウェアパッケージ、ソフトウェアフレームワーク、ハードウェアプラットフォーム、コンピュータシステム、ゲーム機、オペレーティングシステムなどのためのアプリケーションを作成するためにソフトウェア技術者が使用する開発ツールのセットを意味する。



SDK for Publisher

広告配信用SDK

アプリ内計測用SDK

Push通知用SDK


SDK for Advertiser

広告効果測定用SDK


WebとAppのデータを紐づけるには?


  • Appに配信した広告のクリックURLにADIDを付けて、遷移先としてブラウザを起動

    http://demo.adserver.jp/CLICKURL?adid=XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXX

    ※アプリ内ブラウザで起動した場合、CookieとADIDは取得紐づかない


  • WebとAppで取得したIPアドレスや端末情報を元に名寄せ


  • 事業者IDを利用(Gアカウント, Yアカウントなど)