Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@t_wkm2

SORACOM ButtonでLambdaを使わずにSlack連携してみた

More than 1 year has passed since last update.

どうも若松です。

みなさん、SORACOM Button活用してますか?
Slackへの連携も公式に出ているので、簡単に実装できますね。
https://dev.soracom.io/jp/start/aws_button_slack/

これを今から帰るよメッセージに使ってる方もいるようです。

しかしながら、以下のような方もいらっしゃるかと思います。
- そもそもLambdaって何者よ
- 例え公式から出ていようともコードなんて書きたくない

そこで、Lambdaを使わずに(意識せずに)Slack連携する方法を考えてみました。

メール送信設定

Slack連携方法としてメール送信を利用します。
メール送信設定方法は以下などに記載があるので、割愛します。
https://blog.soracom.jp/blog/2018/10/25/are-you-ready-for-lte-m-button/

取り急ぎ、帰るよメッセージ送信を想定して、以下のように設定しました。
スクリーンショット_2018-11-08_0_48_55.png

SlackのEmailインテグレーションを使う

SlackにはEmailインテグレーションが標準で備わっています。
Mailインテグレーションでメールアドレスを発行し、そこにメールを送るとSlackに通知する仕組みです。
なので、AWS IoTからメールを送る機能と組み合わせることで、Slackへ連携できます。
連携後の通知は以下のようになります。
スクリーンショット_2018-11-08_0_54_41.png
ただ、このEmailインテグレーションはSlackの有償プランじゃないと使えないので、ややハードルが高いです。
なので、無償でできそうな仕組みも考えてみます。

Microsoft Flow でメールから連携する

Office365を利用していると、Microsoft Flowというサービスを使うことができます。
https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/

簡単に言うと様々なサービスの間を取り持って連携させてくれるサービスです。
Microsoft Flow for Office 365はフリープランがあるので、無償で始めることができます。
https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/pricing/

今回はGmailをトリガーにしてSlackへ投稿します。
設定は以下の通りです。
スクリーンショット 2018-11-10 23.31.43.png
Gmailのトリガーは最初に使うときにアカウント連携させる必要があります。(詳細は割愛)
簡単のために件名のみで引っ掛けてますが、他の項目も設定してトリガーするメールを絞り込みことが可能です。

実際にMicrosoft Flowで連携して投稿すると以下のようになります。
スクリーンショット_2018-11-10_23_38_31.png

上記ではメールの本文をそのまま投稿していましたが、以下のようにメールとは関係ないメッセージに変えることも可能です。
スクリーンショット 2018-11-10 23.32.00.png

これを投稿すると以下のようになります。
スクリーンショット 2018-11-10 23.36.48.png

まとめ

そもそもメール送る時点で自動生成されるLambdaは使ってるので、タイトルの表現が合ってるかは微妙ですが、コードを見なくていいという点ではアレルギーの少ない構成かと思います。

Microsoft Flowの連携はメールが到着してから5分程度のタイムラグが出るので、即時性を求める場合は難しいですが、Slackの有償プランを使わなくてもいいのは嬉しいですね。

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
t_wkm2

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?