Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM Buttonから渡されるイベントを確認してみた

More than 1 year has passed since last update.

どうも若松です。

SORACOM LTE-M Button がリリースされたので、買ってみました。
https://soracom.jp/products/gadgets/aws_button/

どこでもLambda叩けるのは便利ですよねー
いろいろ可能性を感じます。

セットアップ

AWS IoT 自体が触るの初めてだったので、いろいろと仕様を確認しながら触ってみました。
セットアップはこの辺りを見ながらやりました。(割愛)
https://dev.soracom.io/jp/start/aws_button_slack/

イベント確認用Lambda

とりあえず、Lambdaに渡されるイベントの内容を確認しないとコードが書けないので、確認用のLambdaを用意しました。
CloudwatchLogsに吐かれたイベントのJSONを確認するだけなので、超シンプルです。
言語はPython3.6です(一応)

get-event
import json

def lambda_handler(event, context):

    print(event)

    return

確認結果

以下のJSONがイベントとしてLambdaに渡されます。

event
{
  "deviceInfo": {
    "deviceId": "XXXXXXXXXXXXXXXX",
    "type": "button",
    "remainingLife": 99.49749,
    "attributes": {
      "projectRegion": "ap-northeast-1",
      "projectName": "soracom",
      "placementName": "soracom-button",
      "deviceTemplateName": "get-event"
    }
  },
  "deviceEvent": {
    "buttonClicked": {
      "clickType": "SINGLE",
      "reportedTime": "yyyy-mm-ddThh:mm:ss.xxxZ"
    }
  },
  "placementInfo": {
    "projectName": "soracom",
    "placementName": "soracom-button",
    "attributes": {},
    "devices": {
      "get-event": "XXXXXXXXXXXXXXXX"
    }
  }
}

clickTypeの値はボタンの押し方で以下のように変わります。

押し方
シングルクリック SINGLE
ダブルクリック DOUBLE
長押し LONG

押し方で機能変えたいときは、この値で判別すればよいようです。

気になること

以下のドキュメントを見ると、実際にイベントとしてLambdaに渡されたJSONと異なる形式のJSONの記載がありました。
しれっと修正されてました。(11/8追記)
https://dev.soracom.io/jp/aws_button/how-it-works/

SORACOMコンソールで確認できるJSONと同じ形式のようなので、AWS IoTに送られる生のJSONがこの形式なのかもしれません。

まとめ

簡単にセットアップできてサクサク試せるので、とても楽しいです。
ボタン自体の機能はシンプルですが、Lambdaにつながるのでアイディア次第ではいろいろできそうですね。

t_wkm2
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした