Posted at

Raspberry Pi -> Mac -> Internet環境でsudo apt-get update時に404 Not Found

More than 3 years have passed since last update.

Raspberry Piでsudo apt-get updateしようとしたら404 Not Foundが出て詰まったのでメモしておきます。


困ったこと

Raspberry PiをMacとEthernetケーブルで接続して、MacのInternet共有で外界と接続していました。

この環境で

sudo apt-get update

を実行すると、404 Not Foundが発生してしまいました。


解決方法

先に解決方法を書いておきます。

Raspberry PiをMac経由でなく、直接WiFi経由でインターネットに接続すれば問題なくupdateできます。


試したこと

そのときのパッケージリストの確認先は


/etc/apt/source.list

deb http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy main contrib non-free rpi



/etc/apt/sources.list.d/raspi.list

deb http://archive.raspberrypi.org/debian/ wheezy main


となっていました。

この接続先をMacのブラウザで確認したところ普通に接続できます。

ところがRaspberry Pi上で

wget http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/

を実行すると、404 Not Foundとなります。

ところが

wget http://mirrordirector.raspbian.org/

とすると、index.htmlが取得できます。

う〜ん謎!

mirrordirector.raspbian.org



archive.raspberrypi.org

に変更しても同じ。


解決のきっかけを得る

いろいろ調べてると、認証付きproxyかましてると認証エラー時に404 Not Foundになるという記事を発見。

もしかするとMacを踏み台にしてるせい?という疑問が湧きました。

出先だったのでWiFi接続は断念し、自宅に戻ってRaspberry PiをWiFi接続してsudo apt-get updateを実行しました。

すると正常終了!


わかったこと

Raspberry PiをMacのインターネット共有で接続すると、不都合がある場合があるということでした。

この環境でも正常にupdateできる方法があると思うのですが、これ以上調べるコストはかけられないので断念しました。

(ご存知の方がいらっしゃればコメントもらえると助かります)