Help us understand the problem. What is going on with this article?

ECSにおいてdocker runコマンドの-t,--ttyオプションに相当する設定をした話

はじめに

こんにちは。
現在私は社内のデータ分析基盤の刷新に取り組んでおります。

今回は検証中のDataSunriseをECSに乗せるべくを試行錯誤を行っていた中で発見した、
docker runコマンドの-t,--ttyオプションに相当するであろう設定をECSで行う方法について記載します。

DataSunriseについてはこちらをご参照下さい。

事の起こり

localでできることがECSでできない

検証のためにlocal環境にてコンテナを立てていました。
docker run -itd -p 11000:11000 [datasunrise image id](local環境にて)
この場合は期待通りコンテナが立ち上がり、https://[グローバルIP]:11000で繋ぐことができました。

これをECSで実現したかったのですが、ECSのタスクは即時終了し、
CloudWatchLogsに流れてくるのはservice is started.のメッセージのみでした。

試しにlocal環境にて、
docker run [datasunrise image id]を実行してみると、
service is started.との表示のみでコンテナは即時終了していました。
(本メッセージはDataSunriseコンテナが起動、即時終了した際に残すログのようです。)

結果的にECSにおいてdocker runコマンドの-t,--ttyオプションに相当するようなことを設定しなければならないと判断しました。

結論

タスク定義においてpseudoTerminaltrueにすることで、コンテナを起動させ続けることができました。
なお、本問題を解決に導いて下さった記事はこちらのstackoverflowです。

具体的な設定方法は次の通りです。

設定方法

GUIでの設定方法を記載します。
最終的にJSONをいじることになるのでCLIで設定する場合も対応可能ではないかと思います。

  1. 対象のECSタスク定義を開く
    image.png

  2. JSONによる設定を押下
    image.png
    ページ最下部に存在します。(画像赤枠部分)

  3. pseudoTerminalをtrueに変更
    image.png
    初期設定でnullとなっていましたが、trueに書き換えて保存を押せば適用できました。(EC2/Fargateともに適用可能)
    *こちらは説明用画像ですので、当該箇所以外は環境に合わせてよしなに設定下さい。念の為。

まとめ

ECSにおいてdocker runコマンドの-t,--ttyオプションに相当するであろう設定ができました。
今回は試行錯誤段階において、stackoverflowに行き着いた事によって解決したのですが、
よくよく公式ドキュメントを読んでみると

pseudoTerminal
Type: Boolean

Required: no

When this parameter is true, a TTY is allocated. This parameter maps to Tty in the Create a container section of the Docker Remote API and the --tty option to docker run.

という記載がありました。

ちゃんと公式ドキュメント読みましょうという教訓でした。。。

参考

また、試行錯誤段階にて以下記事も参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
Dockerのコンテナを起動したままにする

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした