【最新サービス試用⑤】GitHubプロジェクトの開発環境を、瞬時にブラウザ上に作成してくれる「Gitpod」を試用


  • 日々輩出される素晴らしき最新サービスを素早く試して、不鮮明な先見性を堂々と誇示する記事第五弾。

  • 近頃のGoogleの大規模な障害に対する、各社の迅速な奮闘対応に、「尊敬・応援・他人依存」が、躍り狂う脳内。

  • 今回は、簡単にGithubのプロジェクトの開発環境を、オンライン上に作成できる「Gitpod」を試用していこう。


試用サービス名


Gitpod


概要


  • ブラウザ上で開発環境を構築できるクラウドIDE

  • Githubのプロジェクト・ソースの環境を瞬時に構築してくれる。

  • VS Codeのような使い勝手のため、シンプルかつ拡張性に富んでいる。

  • 起動やコンテナ設定などの、独自のカスタマイズも簡単かつ豊富。


結果


  • 下記の例は、自身のGitHub上のRailsチュートリアルプロジェクトを用いた、Gitpod環境

image.png


機能


  • 基本的なプロジェクト編集機能


    • ファイルやフォルダの作成・編集

    • 検索機能

    • 保存機能



  • ターミナル機能



  • デバッグ機能


    • 起動設定

    • 構成設定

    • ブレークポイント設定



image.png


  • Git関連機能


    • コミット

    • プッシュ

    • プルリクエスト

    • コードレビュー



image.png

image.png


  • 設定機能


    • エディタ設定

    • 各言語設定

    • Docker設定



image.png


基本手順


1. GitHubへ行く。


2. 開発環境を作成したいプロジェクトを開く。


3. ファイルのURLを下記のように変更して、アクセス

<変更前> : https://github.com/ユーザー名/プロジェクト(リポジトリ)名

<変更後> : gitpod.io#https://github.com/ユーザー名/プロジェクト(リポジトリ)名

Chrome拡張機能を追加すると、GitHubプロジェクト内に「Gitpod」ボタンが表示されて、ワンクリックで作成することができる。

image.png


4. Gitpodへのアクセス後、初回の場合はログイン必須のため、「Gitpod」と「Github」を認証させる。

image.png

image.png


5. 正常に認証されて、アカウント作成も完了すれば、プロジェクト環境が表示される。

image.png


6. 完了


試用感


  • 「URL変更・ワンクリック」のみで、簡単に環境が作成できるため、お手軽で非常に便利。

  • IDE上で、「コミット・プッシュ」等ができるため、余計なものを表示せずに済む。

  • Docker起動設定をカスタマイズできるため、将来自身がコンテナ技術を扱えるようになったときに重宝する。

  • VS Codeをベースとした使い勝手のため、ローカルと同様に扱えて、操作に困ることがほとんどない。


まとめ


  • 今回は、オンライン環境簡単構築ということで、なんでもかんでも「通信環境」を必要としてまう現代人感覚に、「非老い」を感じながら、記事を書く。

  • 「Githubは、やはり流石の域」と、過去史上最大の、「上流目線」をしてしまう私に自分でも、異世界到達の感覚。

  • 試用後の必須事項である「開発者への礼拝作業」は、今回は大人数であることが予測されるので、会社単位で大規模に実施。


参考