【浸り学習①】環境構築不要型のブラウザ上でのサーバー技術学習に最適な「Katacoda」を試用して、優秀なインフラ技術者気分に浸る


  • 新人・浅い経験である私にとって、常にまとわりつく「劣等感・焦り・恐怖」を、ありとあらゆるサービスを使った「簡単払拭学習」で打ち消すだけの記事第一弾。

  • 「ただ単に、新入生のうちから、簡単に優秀な技術者気分に浸って、楽したいのだろう」や「昔の技術者は、ここまで便利なサービスやツール・資料とかも豊富ではなかったため、必死に勉強してきた。」といった至極真っ当な考えを、数秒間自問自答して早速試用を決断する。

  • 今回は、Docker・Kubernetes・Cloudといったインフラ技術が、ブラウザのみで本格的に簡単に学習できる「Katacoda」を使ってみよう。


概要


  • ブラウザのみで、実際の実行環境の体験学習(ハンズオン)が出来るサービス。

  • 下記の点において、日本でのプログラミング学習サービスの「Progate」と似ている。


    • ブラウザ上の開発環境のため、環境構築の手間が不要。

    • 開発の流れを想定した資料に沿って、実際にコマンドをうちながら実行結果を確認しながらの学習。

    • 豊富なコースが用意されている。



  • 違いとしては、「コンテナやクラウドなどの、最新のインフラ技術がメイン」となっている。

  • また、学習サービス以外にも「Playgrounds」と呼ばれる、様々なOSや言語の実行環境の試し場がある。


結果


  • 実際の試用している際の、画面は下記。

image.png

image.png

image.png

image.png


試用コース


  • 今回は、試用ということで、下記の学習コースとPlaygroundsを選択。

試用コース名
内容

Docker & Containers
Docker(コンテナ型仮想環境)に触れてみるための最初の学習コース

Git Version Control
Gitの学習コース

Node.js Playground
Node.jsの実行環境を試せるPlaygrounds


  • 今回は試用していないが、人気コースは下記。

人気コース名
内容

Docker & Containers
Docker(コンテナ型仮想環境)に触れてみるための最初の学習コース

Kubernetes Introduction
Kubernetes(コンテナ管理ソフトウェア)に触れてみるための最初の学習コース

Machine Learning
機械学習に触れてみるための最初の学習コース

Prometheus
Prometheus(監視ソフトウェア)に触れてみるための最初の学習コース

Service Meshes
制御管理技術に触れてみるための最初の学習コース


準備


  • 全部英語であり、日本語で把握する必要があるため、下記のChrome拡張を導入。


    • Google翻訳

    • こちらは、対象部分を選択すると、ポップアップ画面で結果を表示してくれる。

    • 翻訳ページにいって、貼り付ける手間が省ける。



  • ※ページ内の日本語読み込みは、学習の際にコマンドも一緒に日本語に翻訳されるので、推奨しない。


学習の流れ



  • katacodaの公式サイトにアクセスする。

  • ページ内の「Free Courses」から学習したいコースを選択して、「Start Course」をクリック。

image.png


  • 「Scenario」と呼ばれる各ステップ一覧が出てくる。無料登録やGitHub認証等をしておくと、ここで進捗状況を把握できる。

  • 学習するScenarioを決め、「Start Scenario」をクリック。

image.png


  • 最初の概要(Welcome)画面が表示されるので、内容をしっかり確認して、「Start Scenario」をクリック。

image.png


  • あとは、基本的に左の手順に沿って、右側のターミナル画面にコマンドを入力していくだけ。

image.png


  • 学習画面の基本的な機能として、下記がある。

    ※下の3つは、画面右上の選択範囲

対応ボタン
機能


右の画面へコマンドのコピー・実行

+
新規ターミナルや、ポート接続の確認等

SHOW SOLUTION
解答例。シナリオ通りでは分からない時に使う。

CONTINUE
次のステップに進む。シナリオ完了時に押下

問い合わせ
画面や機能の問い合わせ

フルスクリーン
画面をフルスクリーンで表示できる

設定
プレゼンモード・テーマ変更・デバッグ機能ができる

test.PNG


試用感


  • 初心者でも簡単に最新技術を体験できるのは非常にありがたい。

  • 実際の操作から実行結果確認までの流れが、ブラウザのみで行えるため、高揚気分が味わえる。

  • 環境構築でつまずく前に、このサービスを使って簡単に流れを経験できれば、幸せな気分で構築へつなげられる。

  • ただコマンドをうっていくのではなく、実際の開発を想定したシナリオに沿っていくため、より理解が深まる。


まとめ


  • 今回は、便利なインフラ技術学習サービスの試用ということで、「最新技術をいとも簡単に扱えている」という壮大な思い上がりをしながら、記事を書く。

  • 「こんなに簡単に起動や実行・反映・停止等ができるまでに成長したのか」と、環境も解答も用意されているという事実を受け止めた上で、そのようなことを感じる成長予測皆無の私。

  • このような「技術的壁を大きく下げて、様々な人々の幸福度を上げる、魅力的なサービス」の開発に、今後少しでも携われることを願って、また他人依存学習に励むことにしよう。


参考