【最新サービス試用④】Gitの差分を視覚的に楽しめて、イメージの手助けとなる、「Git History」を試用


  • 日々輩出される素晴らしき最新サービスを素早く試して、不鮮明な先見性を堂々と誇示する記事第四弾。

  • あるドラマでの、「真似事でも、必死で見習えば、それは本物だから」という刺激的名言を、「山盛り解釈・少々捏造」の行為で、大量模倣の許可を得たと被害妄想。

  • 今回は、GitHubの差分が、視覚的に楽しく把握できる「GitHistory」を試用することにしよう。


試用サービス名


Git History


概要


  • 把握しづらい差分を、視覚的に動きをつけて表示してくれる。

  • コミッターやメッセージも非常に見やすい。

  • インストール不要で、GitHub上でURLを変えるだけでよい。

  • 初学者がイメージをつかむのに適している


結果


  • 下記の例は、GitHub上の「Vue.js」のpackage.jsonファイル

  • バージョンの変化が把握できる。

tes.gif


基本手順


1. GitHubへ行く。


2. 差分を表示したいファイルを開く。

※GitHubアカウントを持っていない場合は、気になるオープンソースプロジェクトのファイルでも良い。


GitHubのスター数(評価数)ランキングはこちら


3. ファイルのURLを下記のように変更

※例では、「Vue.js」のpackage.jsonを使用。

<変更前> : https://github.com/vuejs/vue/blob/dev/package.json

<変更後> : https://github.githistory.xyz/vuejs/vue/blob/dev/package.json


  • 例のように、URLの「github.com」の部分を、「github.githistory.xyz」へ変更


4. 表示確認。

image.png


5. 左右矢印キーで、差分確認

※だいぶ奥深くでの変更等はわかりづらい。


6. 差分を詳細に見たい場合は、コミッター欄のリンクで、確認。

※各コミットファイルへアクセスできる。

image.png

image.png


7. 完了


試用感


  • 差分を視覚的なアニメーションで楽しめる。

  • 奥深くの差分や多くの量等の、一発では把握しにくいものもある。

  • しかし、各個別の差分ファイルへのリンクがあるので良い。

  • Git環境がなくても、簡単にできる。

  • 初学者がGitの概念やイメージを把握しやすい。


まとめ


  • 今回は、差分表示の視覚的把握ということで、「将来、散髪や化粧・体重変化等が、鮮やかに把握できる視覚機器が出ないかな。」という、高等級男性の特徴的行動までも自己解決しない、底辺等級人の私。

  • 「今回もJavaScript製とはね」という、この言語の多様性・可能性を身に染みて再認識。

  • 試用後の恒例行事の「開発者への礼拝作業」に、今回は「全開発者への魅力サービス開発祈願」という、本来の意味を大きく逸れた礼拝を追加することにしよう。


参考