【ターミナル改造④】情報表示のlsコマンドの装飾ツールの「lsd」を導入して、外観からの効率性を問う。


  • 白黒ターミナルを利用する生活が多くなってきた無機質生活に、少々彩りを加えるために奔走する記事第四弾。

  • とうとうMacのデフォルトシェルがbashからzshへ変わることに、冷静を最大に装いながら、無意識の手の震えが止むことを知らない。

  • 今回は、ファイルやフォルダの情報表示のlsコマンドを、カラフルにわかりやすく表示してくれる「lsd」を導入して、外観と効率性の両立を検討していくことにしよう。


概要


  • Rust製の高速ファイル情報表示コマンドツール。

  • 同様のlsコマンドに比べて、「明快な可視化・カラフル」であることが特徴。

  • 公式GitHub


作業環境


  • Mac OS X 10.13.4

  • Homebrew 2.1.4


インストール


  • 「ターミナル.app」を開き、下記のコマンドをうち、lsdの利用環境を構築する。


    • ※Homebrew未導入の場合、こちらを参考にインストールする。

    • ※HomebrewCaskを未導入の場合、こちらを参考にインストールする。



# brewでlsdをインストール

$ brew install lsd
# lsdのバージョン確認
$ lsd -V
# デフォルトでは、アイコン未表示のため、フォントをインストールする。
$ brew tap homebrew/cask-fonts
$ brew cask install font-hack-nerd-font


  • フォントのインストール完了後、「ターミナル.app」の環境設定を開き、「プロファイル」欄を開く。


    • ※環境設定ページは、ターミナル上で「cmd + ,」のショートカットで開くことができる。



  • 「プロファイル」欄の「フォント」欄の変更ボタンをクリックして、フォント変更ページを出す。

  • フォント変更ページの「ファミリー」欄に、先ほどインストールしたHackNerdFontに変更する。

image.png


  • そのほかのインストール方法はこちらを参考にする。


結果


  • 下記、実際の画面

image.png


  • フォルダのツリー構造表示も可能。

image.png


基本操作


  • ※基本的には、lsコマンドの操作と変わらない。

内容
コマンド

通常表示
lsd

縦表示
lsd -l

隠しファイル含め表示
lsd -a

ワンライン表示
lsd -1

ツリー構造での表示

lsd --tree
※オプションで階層制限は現在不可能なため、全ファイル表示されることに注意

フォルダの中身含め全表示(再帰処理)
lsd -R

逆順でのソート表示
lsd -lr

サイズごとのソート表示
lsd -lS


まとめ


  • 今回はカラフルな情報表示ツールの試用ということで、作業効率思考を蚊帳の外に置き、色彩に浸りながら、記事を書く。

  • これまでターミナル装飾ツールを色々利用してきたが、圧倒的割合の「外観ひけらかし設定」のため、効率性の本質を自問自答。

  • 「外観も効率性向上に必須だ」と数える程度に自分に言い聞かせながら、次の装飾術を探すことにしよう。


参考